dApps

MetaMask(メタマスク)の導入方法と設定

投稿日:

MetaMaskにはウォレットの機能があるので、dAppsの多くがMetaMaskに対応しています。

事前にインストールしておく必要があるものが多いです。

導入方法と設定方法について図解で説明してみます。

MetaMaskとは?

ブラウザで、Ethereum dAppを実行することができます。

ウォレットの機能も備えており、そのアドレスに入金することで、dApps上のサービスを売買に利用できます。

 

MetaMaskの対応ブラウザ

MetaMaskはブラウザにアドオンで動作します。

対応ブラウザは以下のとおり

  • Chrome
  • FireFox
  • Opera
  • Brave

マイクロソフトのInternet explorerや、Edgeでは動作しません。

 

MetaMaskのインストール

Chromeを例に説明します。

 

下記URLをクリックし

 

GET CHROME EXTENSION」をクリックします。

 

CHROMEに追加」ボタンを押すと、インストール完了です。

 

MetaMaskの設定

Chromeだと、上部に「キツネのマーク」が追加されますので、それをクリックします。

利用規約が表示されるので、すべて下までスクロールさせて、「ACCEPT」ボタンを押します。

 

パスワード設定

パスワードを設定します。忘れないようにご注意を。

忘れそうな方は、テキストファイルにメモしておくことをおすすめします。

CREATE」ボタンを押します。

 

以下のように表示されればインストール完了です。

 

MetaMaskのウォレット入金

MetaMaskのウォレットに入金するには、Account1の右側の「…」をクリックして

Copy Address to clipboad」を選択します。

矢野テック
このアドレスにETHを送金してください。

 

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-dApps

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.