Macbook Airのバッテリーを自分で交換する方法!6ステップで簡単【費用は5000円】

Macbook AirのバッテリーをAmazonで購入して自分で交換しました。費用は5000円前後、めちゃやすいです。取替え方は簡単なのですが、型番を調べたり、自分で取り付ける際に微妙にコツがあるので、その点を図解で説明してみました。女性の方も簡単に付け替えできます。

 

Apple正規ではなく非公式のバッテリーを使うので、その点はご了承ください。嫌な場合は正規で頼むしかありません。

Amazonで販売している非公式MacBookバッテリーの選び方

MacBookAirの裏面に刻印されているModelからはじまる型番を見ます。

同じMacBookでも刻印が違うと、モデルが微妙に異なるので、バッテリーサイズが異なる場合があるのでご注意を。また、あまりに安いのは、容量が少ない場合があります。そこもご注意を。

MacBook Air 11インチ

A1406、A1370、A1465、A1495

一年保証つきを選ぶのがおすすめです。そして容量もチェックして選びます。以下は、容量は5200mAh正規品よりも600mAh多い

MacBook Air 11 Inch バッテリー Apple MC968 MC969 MD223 対応 マックブック パソコン 互換 バッテリパック 一年保証 自社製品 ブラック

MacBook Air 13インチ

A1369、A1377、A1405、A1466、A1496

一年保証付きって、あまり少ないのですが、以下は対象。そして、容量は7200mAhの超大容量タイプ。

MacBook Air 13 インチ 互換バッテリー A1405 A1466 A1369 A1377 対応Apple MC504J MC503 適用 ノートPC バッテリパック 7.6V 7200mAh 専用工具付属 SEA EAGLE 社製

矢野テック
矢野テック

とりあえず、MacBookAirだけご紹介しました。もし、Macbook Proなどで、どのバッテリーを買えばいいか分からない方は、この記事下部のコメント欄からご質問ください。

 

バッテリーの取り替え方

上記で紹介したもの以外でも、以下のような形で届きます。説明書はありません。

 

1.裏面のネジを外す

専用ドライバー付き。普通のプラス・マイナスのドライバーでは外せません。専用のドライバーを使います。

 

ネジを外す前に、MacBookの電源を完全に落としてください(スリープは駄目)

Macbookの裏面にひっくり返して、ネジを専用ドライバーを使って外します。ネジ山を崩さないよう、あまり力を入れないようご注意を。

 

全部で10箇所あります。

 

外したとき、位置によって長さが違うので、このようにどこの箇所のネジなのか分かるようにしておくと、付けるときに迷いません。

 

カバーを外したら、びっくりするかも。めちゃ汚い^^;

掃除機やエアーブローなどでキレイにしましょう。

2.バッテリーを外す

専用ドライバーを使って、バッテリーを外します。

 

3.コネクタ部分の外し方

ここが唯一のポイント。コネクタ部分を外すのが、結構難しいです。

下に抜くのではなく、上に引き上げるように抜くと、スポっと簡単に抜けます。

 

4.新しいバッテリーを付ける

新しいバッテリーを付けて、しっかりビスで止めます。

矢野テック
矢野テック

コネクタ部分はしっかり付けてね

5.電源ONで確認

蓋を締める前に、電源ONして動くか確認します。

起動すればOKです。

 

6.蓋を閉めて完成

あとは蓋を閉めて、ビスを止めれば完成です。

動作チェック

バッテリーが何時間もつか、チェックしてみると

矢野テック
矢野テック

おー、凄い!買った当初より伸びてる

フル充電⇒完全放電を2〜3回繰り返す

そのまま充電して使っても良いのですが、100%フル充電が完了したら

0%で使い切るまでを2〜3回ほど繰り返すと、長持ちすると言われています。

 

昔のニッカド電池はメモリー効果が発生して、継ぎ足し使うとどんどん劣化してました。しかし、今のリチウム電池は、性能が桁違いなので、こういう行為はしなくても良いとされていますが販売ページにも書いてあるので、念の為やっておいた方がよいでしょう。

 

コメント