投資関連のニュース

ワールド・ブロックチェーン・フェスティバル2018の感想と各登壇者の内容まとめ

投稿日:

入場無料だったWorld Blockchain Festibal(ワールド・ブロックチェーン・フェスティバル)2018に行って来ました。

ワールドブロックチェーンフェスティバル2018

基調講演に、元金融担当大臣の竹中平蔵氏、NEM盗難事件の際に犯人を追えるところまで追ったGIFTED AGENTの河崎純真さんなど、結構「本物」の方々が講演するということもあって参加してきました。会場は、さいたまスーパーアリーナ。どんな状況だったかまとめてみます。

 

開場前には長蛇の列

気軽な気分で行ったら、驚きました。

まだ開場まで30分あるのに、長蛇の列が出来てるではないですか。。。

 

驚くべきことに、列は正面だけでなく、横にずーっと伸びて、さいたまアリーナの裏まで続いてました。

開場時間になっても、入場まで30分以上かかりました。

 

ワールドブロックチェーンフェスティバルのスケジュール

スケジュールは以下のとおり。

竹中平蔵氏から始まり、最後はマライアキャリー。

これを見て、あ、本当にマライア来るんだなって思いました^^

 

講演は30分ごとにまるでコンサート

講演が始まってびっくり、予想してたのとちがう・・。まるでコンサートです。

矢野テック
席は自由だったので、この後、前に移動しました。

 

竹中平蔵さんのお話

竹中平蔵さんは、元金融担当大臣、慶応義塾大学の名誉教授というだけあって、話がとても上手でした。

さくっとまとめるとこんな内容でした。

  • 去年のダボス会議ではAIが議論されてた
  • 今年はAIは当たり前、ブロックチェーンをどう使うかという議論だった
  • 第4次産業革命(AI、ブロックチェーン)が起きている
  • 日本は遅れている(永田町の動きが遅い)
  • 日本のメディアはモリカケ問題ばかり
  • お年寄りにも分かるブロックチェーンの分かりやすい解説
  • 若手議員が頑張りブロックチェーンに関わる政策が実はいくつか通ったという話

「第4次産業革命」というフレーズを何度も仰ってました。

河崎純真さんの内容

NEMの犯人を追跡した事でNHKでも特集された方。

専門的な話になるかと思いましたが、初心者向けに、分かりやすくお話されました。

非常に分かりやすく、実体経済(金・FIAT・不動産)、実体がない経済(株式・国際・保険・ローン)の比較。それらに比べると、仮想通貨の規模は、まだ極めて小さいと。

 

そして、金融恐慌が起きるたびに、基軸通貨が変わってきた。毎世紀、起きている。21世紀中に起きた場合は、デジタル通貨に代わる可能性が高いとも。

個人的にはNEM追跡の話を聞きたかったのですが、これはこれでとても良かったです。

共同経営者の方も登壇し、今やってることをお話されました。

 

外人さんのゲストスピーカー登壇

海外から参加された方は以下の方々でした。英語でのスピーチ。

同時通訳機器もデポジットで貸し出してましたが、強気に聞き取ってやるって臨んでしまったため、ほとんどわかりませんでした^^;。各々の実施しているプロジェクトを話してました。

  • UBAIのDan Khomenko氏
  • FaircoinのFrancesca Maciocia氏
  • NuMundoのDavid Casey氏
  • Blue FrontiersのRandy Hencken氏
  • ODXのNiX Nolledo氏
  • フィリピン カガヤン経済特区長官 RAUL L.LAMBINO氏

どの方の発表か忘れたのですが、気になったのは、このトークンですね。既に使われているとのこと。

 

泉忠司さんの内容

ん??何か他の方と登場の仕方が違う。数分のオープニングムービーが流れる。

矢野テック
・・・

 

スタンディングオベーションが起きなかったので、入場をやり直し。

割れんばかりの拍手、スタンディングオベーション

先生~って叫ぶコールが起きました。

 

あ、なるほど。。ここで分かりました。このワールド・ブロックチェーン・フェスティバルは、泉忠司さん主催だったんだと。。

 

話の内容は

  • NOAHコインがどんな感じで使われているか
  • 価格下落は誤差にすぎない
  • ノアウォレットのアップデート情報
  • ODX(OPEN DATA EXCHANGE)の話
  • NOAH EXCHANGEの話
  • NOAHコインが日本のドラマに出てくる(来年のドラマ)
  • 取引出来高世界上位の某取引所(Binance??)への上場申請中の話

たしかこんな感じの内容でした。

 

自分はとっくの昔に売り抜けたので、あまり関心がなかったのですが、会場の参加者はノアコインホルダーが鬼のように来てました。途中、泉さんがNOAH持ってる人って尋ねたときに、ものすごい人数が挙手してたので分かりました。こんなに持ってるの??嘘でしょって思ったくらい膨大な人数です。

 

Twitterの界隈とはちょっと違う違和感を、入場時からずーっと感じてたので、これだったのかと理解できました。

 

途中、某取引所の取締役の方が来ていて、どれだけNOAHコインが盛り上がっているのかを見せたいと、こんなパフォーマンスを。。

びっくりです。。

そういうことかと分かりました。今回のフェスは、全て某取引所への上場のための事だったようです。

これだけの日本で盛り上がっているんだよというのを、見せたかったようです。

まさかと思ったけど、わざわざ極東の日本に来るくらいですからね。本当に上場するかもしれません・・。

 

最後は情報起業家らしく、リスト取り。このあたりは、他の方とは違いますね。

 

最後はマライアキャリーのコンサート

マライアキャリーとブロックチェーンの関係は?

客寄せのためだけ??って思ったらどうやら違ってて、マライアキャリーは、本当はベネズエラの仮想通貨ペトロコインのために来たそうです(マライア自身はベネズエラからの移民)。

 

ところが、ニュースで報じられているようにベネズエラの政治状況が不安定になり、担当者が来日出来なくなったと、説明がありました。

 

なので、ペトロコインの説明は一切なく、コンサートが始まりました。

 

1時間半、全力で歌ってくれた

本物です。

バックダンサー&バックバンドを引き連れての本気モードで全力で歌ってくれました。

 

ニュースでは色々報じられていますが、美しかったです。

さすがの歌声でした。

 

曲はVISION OF LOVE、HERO、など往年の名曲を1時間半、歌ってくれました。途中、ジャクソン5の曲をカバーで歌ってくれたりファンサービスが凄かったです。

 

アンコールは、何とあのクリスマスソング!。

矢野テック
コンサート良かったねーって感じで、満足して帰りましたw。

 

帰りに気づいたのですが

入場時は周りを見渡すと年齢層高かったのが、帰りはめちゃくちゃ若くなってました。

コンサートだけ見に来た方も多いようでしたね。

 

感想

今後も、こういうフェスみたいなのがあると思いますが、どういう団体が主催しているのかはチェックした方がよいかも。

 

なんとなく、NOAHコインのプロモーション、某取引所への上場のために、上手い事使われた感じがありましたが、その中でも節々で、よい話はあったので全体としてはよかったです。

 

まあ、マライアキャリーのコンサートが無料で見れただけでも、良かったですね。

 

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-投資関連のニュース
-

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.