秋葉原でマイニング用グラフィックボード&マザーボードの価格が大暴落で投げ売り

僕は都内に住んでいて、自作パソコン好きなので、頻繁に秋葉原に行くのですが、ここ2年はPOWマイニングブームで、グラフィックボードの価格が、右肩上がりで上がっていました。

型落ちのものでさえ、値落ちせずに、むしろ値段があがっていた状況でした。

ところが、2018年末から2019年初頭にかけて、変化が起こっています。

秋葉原でマイニング用グラフィックボード、マザーボードの価格が、急激に暴落しているのです

取り扱っている店も少なくなりました。

 

追記:2020/6/26

矢野テック
矢野テック

この記事はよく読まれているので追記しておきます。この記事は2019年2月の内容です。現在の秋葉原の各店舗は、この記事に書いたような状況ではありません。マイニング関連の商品に関しては、全くといってよいほど売っていません。売れているのではなく、売れなくなったので仕入れていない感じです。

海外ではマイニングファームがどんどん潰れている

マイニングといえば、中国が最も盛んですが、変化が起きています。

BTCの値下がりで、マイニング事業は、どこも赤字と聞きます。膨大な電気代とペイ出来なくて、どんどん破棄が進んでます。海外のTwitterみると、こんな衝撃的なツイートもちらほら。

 

アキバではマイニング用のグラフィックボードが投げ売り状態

映像出力がないグラフィックカードは、ゲームにも使えません。

マイニングしかできないため、その用途限定のものが、各店舗一斉に投げ売りの状況です。

 

[st-kaiwa1]用途がマイニングしかないモデルは値下がり率が顕著のようです。特に、Radeonの値下がりひどいです。GeForceはAIの学習ファイル作成の用途で使われているので、そこまで大きく値下がりしていません。[/st-kaiwa1]

 

当時高額だったマザーボードもこの有様

去年まで、3万円近くしたマザーボードが、3000円で売ってました。

もうすぐ決算がちかいからでしょうか、在庫を一掃したいという目的もあると思いますが、それにしても、安すぎます。

 

秋葉原の店の判断ではマイニングは今は昔

僕は、TSUKUMOやドスパラといったパソコンパーツ屋さんのツイッターを逐一チェックしているのですが、彼らのツイートを見ていると、マイニング=昔の話という感じに見えます。在庫を抱えるよりは、売りさばいて別の商品と入れ替えたいのか、大幅に値下がりしています。

 

今が買い時

今が買い時なのは間違いありません。

間違いなく底値でしょうね。

 

ただし、マイニングは、仮想通貨の送金承認、および新規発行を担っているので、必要不可欠な仕組みです。

マイニングの仕組み自体が無くなることはないです。

 

マイニング報酬は、仮想通貨の価格に左右されるので、暴落している今(2019年2月現在)は、あれこれ考えても仕方ありません。

ふたたび、仮想通貨の価格が上がったときに、グラフィックボードの値段は間違いなく上がるでしょう。

 

コメント