ビットコインが大暴落。中国のリーマンショック級の暴落が原因か。

2021/9/19に、ビットコインが30万ほど、1日で下げました。原因は中国でした。記事にまとめてみます。

中国恒大集団が原因

これが原因でしょう。

中国・恒大、迫る巨額利払い 負債総額33兆円
【上海=土居倫之】中国恒大集団の資金繰りが一段と厳しくなっている。9月下旬以降、過去に発行した社債の利払い日が集中するためだ。年内の利払い額は社債だけで700億円を超える。取引先への未払い分などを含めた恒大の負債総額は1兆9665億元(約33兆4000億円)と中国の名目国内総生産(GDP)の約2%に相当する。その処理に...

中国の不動産業者の中国恒大集団が、33兆4000億もの負債を抱えたとの事。株価もピークから85パーセントも下落。かなりヤバイ状況。

 

しかも、Twitterを見ると、警察も乗り込んだとか。

https://twitter.com/nobby_saitama/status/1438727979639529481?s=21

市場に与えた影響

ダウや日経は-1.5%くらいの下落。直近のチャートは、同じ形。

ダウ平均

チャートに表示している黒い丸は、自作した月齢の表示。

日経平均

ダウ平均とは一蓮托生の日経平均も同じ形。

ビットコイン

いつもは株価とは無縁で、全く異なるチャートパターンを描いているビットコインですが、今日は全く同じ。それだけ、機関投資家の資金が大量に入っているのでしょうね。

下落は限定的か

今回の下落が引き金で大暴落が始まるのかというと、どうやらそうでもない様子。

中国政府は、金融危機の回避に必死で、不動産バブルがおちつくような政策を対応するよう。

 

コメント