FXトレードで使えるアノマリーの事例一覧。月別にまとめてみました。

実トレードで結構使えるアノマリー。僕自身、最近はトリプルウィッチングのEAを作ったり、ムーンフェイズでの裁量トレードをしたりと、テクニカルよりも良い結果を出してます。

ところが、どんなものがあるのか調べても全貌が見えない。書籍探しても、アノマリーの本って全くないです。そこで、FXのトレードで実際に使えるアノマリーがどれだけあるのか調べた結果をまとめてみました。

アノマリー

アノマリーとは?

理論やテクニカルでは説明することができないけど、マーケットで規則性がある現象の事をアノマリーと呼ばれています。

アノマリーの種類

調べたら、以下のようなアノマリーがありました。他にもあるかもしれませんが分からなかった。

もし、知ってる方がいらしたら、コメント欄に記述頂けますと嬉しいです。

月別

アノマリー
1月1月効果
2月
3月トリプルウィッチング、為替のビッグデー
4月
5月セル・イン・メイ
6月トリプルウィッチング
7月サマーラリー
8月夏枯れ相場
9月トリプルウィッチング
10月暗黒の10月
11月
12月トリプルウィッチング、FOMCの荒れ相場、サンタクロースラリー

それ以外

  • ゴトー日
  • 新月、満月のムーンフェイズトレード
  • アメリカ大統領選挙
  • 有事の金
  • ロシュハシャナで売り、ヨム・キプルで買う
  • ジブリの法則
  • デッド・キャット・バウンス
  • シンプソンチャート

それぞれの解説と一部実証結果

挙げたアノマリーを各々解説してみます。一部は、トレード実証結果もあります。

1月効果

ジャニュアリー・エフェクト(1月効果)は、1月のチャートの方向性は、1月1週の結果で月末がその方向に動くというもの。

トリプルウィッチング

3月、6月、9月、12月の第3金曜日。米国オプションの満期日が相場に影響を及ぼすという現象。株式相場に大きく影響するそうな。これは、私がEA作って実証してみました。

矢野テック
矢野テック

アノマリー通りにトレードすると大損します。コツとしてはエントリー時期を少しずらすと良い感じに利益が積み重なります。実トレードしているので、今度記事にまとめます。

為替のビッグデー

3月の最終営業日は、大相場になりやすいというアノマリー。

1年で最も為替が動く日と呼ばれている。

セル・イン・メイ

アメリカの株式相場の格言で、「5月は売れ」というもの。5月に天井をつけることが多いそうです。これは、ビットコインにも当てはまります。

サマーラリー

7月は欧米は夏休みが長いため、夏の休暇の前に株が買われる事が多いそうです。

株だけでなく、為替にも影響して、ドル高・円安になりやすい。

夏枯れ相場

8月は夏枯れ相場と言われるほど、出来高が少ない。出来高が少ないため、一旦動くと、その方向に大きく動きやすい。

暗黒の10月

1929/10/24の暗黒の木曜日、1987/10/19の暗黒の月曜日、1998/10月下旬のドル暴落、2008/10/24のドル急落。など、10月は暴落することが多い。10年周期くらいでやってくる??。

サンタクロースラリー

クリスマスは欧米では大事な日。クリスマス休暇前後(直前〜1/2)で大きく相場が上昇することがある。

矢野テック
矢野テック

現在、EA作って検証中だけど、そのまま鵜呑みにすると大損する。少し早めに仕掛けるとうまくいく事が多い。今度記事にまとめます。

ゴトー日

5の倍数日末日は、東京仲値に向けてドル円が上昇するというもの。

具体的に言われている手法は、ゴトー日の8時に買って10時に売ります。

EA作ってみて検証中だけど、ほぼうまくいかない。

ムーンフェイズトレード

新月に購入して、満月で売るアノマリー。時間軸は日本ではないです。標準時間での話。

これは為替では通用しないが、株や金、仮想通貨では通用する事が多いです。これは、ビットコインと日経平均(JP225)で実証中です。こちらの記事にまとめました。

ビットコインでの売買結果

利益は、かなり出るのですが、アノマリー通り実施すると精神的にキツいです。キツいというのは、新月直後、満月直後は暴落することが多いためです。ハイレバレッジは不向き。

ビットコインを新月満月で売買してみました。ムーンフェイズトレード大成功!
新月で購入、満月で売却というムーンフェイズいうトレード手法が、ビットコインでぴったり当てはまるという情報をツイッターでもらったので、今回エントリーしてみました。めちゃ大成功。レポートしてみます。

EA作成してJP225の検証結果

通用して利益でてます。低レバレッジ推奨。

MT4でムーンフェイズトレードのEAを作ってみた。新月と満月での売買の応用
満月、新月の関係を使ったアノマリーでの売買。裁量でうまくいったのでMT4でEAを作ってみました。そのまま組むのではなく、1つ工夫すると良い結果になりました。バックテストの結果もあわせてお見せしたいと思います。

アメリカ大統領選挙

大統領選挙の前年は、ダウ平均が暴騰し、選挙翌年は暴落するというもの。

中間選挙も伸びる事が多い。このアノマリーはほぼ当てはまる。

有事の金

戦争が発生すると、安全な資産の確保のため、金が買われる事が多いというもの。

ローシュハッシャーナで売り、ヨム・キプルで買う

昔のウォール街の格言。ローシュ・ハッシャーナはユダヤ教の新年祭。ヨム・キプルは贖罪の日。

ユダヤ人の多くは、新年祭と贖罪の日に休むためだという。

日程はユダヤ暦で数えられるので、毎年日にちは違う。9月〜10月前半。

ジブリの法則

テレビでジブリアニメが放送されると、米国市場が大荒れになり、日経平均が暴落するというもの。

デッド・キャット・バウンス

「死んだ猫も落とせば弾む」というウォール街で使われる言葉。格言みたいな感じなので、アノマリーに該当するかは微妙だけど一応掲載。

瞬間的な暴騰・暴落は、弾んで元に戻るというもの。これは、ビットコインでよく見られる。

デッド・キャット・バウンス

シンプソンズチャート

チャートの形が、アメリカの国民的なアニメ「The Simpsons」のバードシンプソンの頭の形になるというもの。急な暴騰、暴落の時に発生しやすい。ビットコインでは、分かりやすいほど頻繁に発生しています。

これは記事にまとめましたので、ご参考ください。

シンプソンズチャートはビットコイン、XRPなどの仮想通貨でよく出現する
シンプソンチャートとは?。ビットコインなどの仮想通貨のトレードをしていると、シンプソンチャート、シンプソン形成、シンプソン相場などの言葉がTwitterなどで出てきます。仕手の1つなのですが、チャートの形に特長があります。詳しくまとめてみたのでご参考ください。

 

まとめ、アノマリーは結構使えるものが多い

実際にトレードしてみると、トレーダー心理を考えて、少し工夫が必要なものが多いですが、利益が出るものが多いです。これはとても意外でした。

どのアノマリーも、テクニカル通り(MACDのゴールデンクロスとか)トレードしようとするタイミングで発動することが多いです。アノマリーの時期に、オシレーターのタイミングを注視する必要です。

コメント