ビットコインのトレードで重要な水平線の引き方と儲け方。USDTでキリ番の位置を見る

今回はビットコインの水平線について詳しく説明します。水平線の中では直近の高値、安値が重視されますが、他にも重要な水平線があります。詳しく説明しています。

水平線についての動画解説

以前こちらのYouTubeに動画で撮りました。5分程度で見れるので、詳細を知りたい方はご覧ください。

重要な水平線

ビットコインの中で非常に大きな抵抗線になり、支持線にもなるのは、ドル建て(USDT)でみた、キリ番の位置です。

重要なドル建ての水平線

40000ドル、5万ドルといったキリ番がとても重要な水平線になります。また、41000、42000といった1000ドル単位も、現在では重要な水平線です。

以下のチャートはビットコインの15分足のチャートです。水平線として機能している事が分かります。

ビットコイン キリ番 水平線

矢野テック
矢野テック

日本円でしか見ていない方も、必ずチェックする事をおすすめします。原因不明の抵抗線が、これで視覚化出来ます。Trading Viewを使えば誰でも見れます。

日本円で重要な水平線

日本円でも、大事な水平線があります。ドル建ての方が需要は大きいのですが、500万円、450万円といった50万円単位の価格は大事です。水平線として機能しています。

矢野テック
矢野テック

私は、USDT建てのチャートに、日本円で切りの良い位置を入れてます。

キリ番の水平線を抜けた時の動き

直近で、足が、その水平線を抜けていない場合は要注意です。1回目で抜けた時は、大きく引き戻される事を覚悟したほうが良いです。

下記は、久々に45,000ドルにタッチした時のチャートです。

大きく元の価格に引き戻されているのが分かります。上昇してから後乗りしたトレーダーは、痛い目にあったという感じです。

結局は、仕手の一種だと思います。ブレイクに乗った相手を騙して、売り浴びせるという事です。

対処方法

対処方法は、どうすればよいかですが、あれこれ痛い目にあった経験から、以下のように考えると、だいたいうまくいってます。

クジラ動きに同調する

クジラ(大口)が動いて流れが発生したら、その流れに乗ってエントリーして、キリ番の位置で売るということです。

クジラの動きのチェック方法は、過去にこちらの記事で詳しく説明しました。知りたい方はご確認ください。

ビットコインをクジラの動きからチャートを予想する
ビットコインをトレードする上で、クジラと呼ばれる大口の保有者の動きをチェックする事は必須です。大口の動きをみていれば、直近のチャートの動きが上なのか下なのか予想できます。詳しくまとめてみました。

クローズのタイミング

決済が難しくて、ぼーっとホールドしていると、あっという間に元の価格どころか、大きく下がる事があります。

私がやってみて、うまくいってるクローズ方法は、2通りのパターンがあります。

キリ番の位置でクローズ

キリ番の位置で、指値しておくのが安全です。ただし、問題点としては大きく動いた場合は、途中で売り抜けてしまい、損した気分になります。

矢野テック
矢野テック

上記は、僕の実際のエントリーと利確ポイントですが、倍以上取れたのに、早々と売り抜けてしまい後悔が残りました。

次足で陰線つけ始めたらクローズ

色々とやってみた結果、これが一番です。次の足で、陰線つけたら売り抜けると、まずまずの利益幅が取れます。

エリオット波動論

矢野テック
矢野テック

問題点は、素早く売り抜けないと、めちゃくちゃ下がることがあります。

 

コメント