投資関連のニュース 仮想通貨取引所

コインチェックでハッキング被害NEM(ネム)580億円盗まれる!現状と今後の対応は?

投稿日:2018年1月27日 更新日:

ブログを書いている以上、この事件を書かざるを得ません。

僕は、本当に偶然ですが、記事のために買ったハードウェアウォレットが前日に届いたので、リップルを全額抜いたばかりでした。その翌日に、この事件。運が良かった。

ただ、コインチェックCOO大塚さんの書籍を読んで仮想通貨を始めた僕としては、とても残念です。

NEMハッキング事件の概要

会見の様子は、AmebaTVで生放送してたので、生で見ました。AmebaTVさすがです!ありがたかったです。

 

今回の会見でわかったのは、コインチェックは社長である和田晃一良氏は、その器ではない。

27歳の若い社長に、この場は酷だったと思うけど、全くしゃべれない。。Twitterでの強気なコメントと印象が違って驚いた。。

何のために出てきているのかと目を疑いました。

 

 

事実上、会見はCOO(最高執行責任者)の大塚雄介氏が、ほぼすべて対応しました。

時系列

大塚さんの説明によると、時系列は以下の通り

  1. 3:00 5億2300万NEM(580億円分)盗まれる
  2. 11:25 残高異常に気付く
  3. 11:58 NEMの取引停止
  4. 17:30 全ての通貨の取引停止(板での売買は動いてる)
  5. 銀行への出金も停止

 

残念だったのは、午前3時にこれだけの巨額のNEMが盗まれて

気づいたのは、11:25分・・・・。

 

発生から7時間半も経ってます。

遅い!遅すぎる!。

 

大口出金のアラート対策はしていなかったのか。

 

NEMを盗まれた原因

会見が始まるはるか前に、すでに気付いた方がいました。さすがです。

しかもこういう事実まで

マジですか・・・。

 

会見での大塚さんの回答

会見では記者から、マルチシグと、コールドウォレットについて質問がありました。

回答は以下の通り

  • NEMはコールドウォレットにしていなかった。ホットウォレットで管理。
  • NEMのウォレットに対してはマルチシグ(マルチシグネチャ)対応していなかった
  • ロードマップにはあったが未着手だった

あーあ、、こりゃ駄目ですね。

一応念のために説明しますと

 

マルチシグとは?

マルチシグネチャとは、送金する際に、1つじゃなく複数の署名が必要になる仕組みのこと。

複数の承認が必要なので、安全になる。

NEM財団からはマルチシグ推奨とされてました。

 

ホットウォレット、コールドウォレットとは?

ネットから切り離されたウォレットのことをコールドウォレットと呼びます。

ホットウォレットはその逆。インターネット上に繋がってるウォレット。皆さんが普段使ってるウォレットのことです。

 

会見を見てがっかり

NEMはマルチシグ対応していなかったし、コールドウォレットにしてなかったとは・・。

大塚さんの書籍を何度も何度も読んで仮想通貨を始めた僕としては、書いてることと、やってる事が違うことに愕然としました。

 

ただ、よく読み返してみると、コールドウォレットはビットコインは対応してるって書いてるんですよね。微妙な言い回しで。。

他の通貨については触れていない。規約でも同じそうです。

 

苫米地博士はこんな指摘も

脳科学者の苫米地英人博士はこんなTweetも

 

セキュリティ対策しっかりとやってなかったとは。。

残念でなりません。

 

今後の対応

大塚氏は以下のように答えました。

  • 保証は検討中
  • 580億円は全て払えるのか財務状況を確認中

今後の経緯は見守るしかないですね。

 

ハッキングの調査

コインチェックはコインチェック内部で調査していますが

今回は、なんと、NEM財団が動きました。

直訳

ニュース
NEMは、24〜48時間で準備が整う自動タグ付けシステムを作成しています。 この自動化されたシステムは、お金を追跡し、盗まれたNEMを受け取るアカウントにタグを付けます。 タグが付いているかどうかをチェックすれば取引所で換金できない。

追跡しているのは日本人

NEMのコアメンバーである日本人女子高生「みずなしりん」さんがNEMから抜擢されたとのこと。

 

すごいとしか言いようがありません。天才ですね。

 

犯人のウォレットにマーキングして追跡するシステムとのこと

 

凄すぎる。。感服です。

 

ただ、確信に触れるにしたがい、身の危険も感じてるそうです。

これだけ大規模に行うのですから、普通の組織じゃないよね。

本当に気をつけてほしいです。。ある程度まで行って、あとはNEM財団にお任せがよいと思います。

 

今後のリスク

潰れるリスクは?

過去のマウントゴックス、去年のNicehash、Bitfinexとくらべて金額の桁が全然違います。

 

和田社長は過去のTweetで、こういう事を言ったとのこと。

この通りだと、潰れるじゃんってなるんだけど、このTweetの日時が2年前。

コインチェックは、2年間で、とんでもない成長を遂げた企業なので、手数料だけでもかなりの金額、毎月稼いでいるはず。

 

すっきりフルーツ青汁社長の三崎氏は、この事については、コインチェックはもっと資金は豊富なのではとTweet。

 

コインチェックの今後の発表を待ちましょう。

 

1/27追記 コインチェックから早くも発表

対応が早いです。素晴らしい!。

NEM保有者に 88.549円×保有数 で日本円で返還

補償時期や手続きの方法は検討中との事。

 

強制利益確定ですね。高値で掴んでいた方は、大変ですね。でも、何も戻ってこないよりは良いですね。

なお、NEMの金額については、Zaifが提供した数字を元に算出したとのこと。

困ったときはお互い様

日本人の凄さを実感しました。

 

コインチェックから出金出来る方法という詐欺発生

こういう事が起きるのかなと思ったら、実際に出てきたそうです。

 

今は、誰でも入金も出金も出来ません。

資産を根こそぎ奪われかねないので、本当に注意しましょう。

 

もっとひどいのは

こういうのは出てくるんだね。。

絶対に騙されないように注意してください。

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-投資関連のニュース, 仮想通貨取引所
-

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.