HitBTCで日本人の取引停止へ!金融庁の指示?対応策について考える

2018-06-03日曜日。驚きのニュースが飛びました。

HitBTCで日本人在住者の取引を一時停止にするというメールが届いたというのです。

メールの詳細

発表当初はフィッシングの疑いが最初はありましたが、本物のようです。

本物である理由

公式サイトで発表されてます。

直訳

[st-kaiwa2]HitBTCは、日本の決済サービス法に基づき、一時的に日本の住民に仮想(暗号化)通貨サービスを提供することを中止した。日本で登録されたIPアドレスまたは日本国内に登録されている他のサービスからサービスを利用していることが検出された場合は、KYC手続内の居住に関する情報を提供して、あなたが日本の居住者ではなく、検証されたPROアカウントを開設することに興味がある場合は、FCA規制の英国のブローカー会社であるSequant Capital Limitedの助けを借りてこれを行うことができます。[/st-kaiwa2]

メールの詳細まとめ

詳細をまとめると以下のとおり

  • 日本人が対象(HitBTC側はIPアドレスで把握)
  • 原因は金融庁の圧力か?
  • 2018-6-16以降、日本人は売買出来なくなる
  • アカウントが凍結されるわけではない
  • Withdraw(出金)は可能

という事です。

[st-kaiwa1]慌てて動いている人が多いのですが、焦んない方がよいかと。[/st-kaiwa1]

 

対処方法

届いていない人も多いが出金するしかない

そのメールなのですが

届いている人と、届いていない人がいます。

 

僕も使っていますが、届いていません。届いていない人は大丈夫なのか?。それもよくわかりません。

分からないのですが、とりあえずはHitBTCから出金するしかないかなと思います。公式で発表されていますし、IPアドレスの国別識別子は簡単に調べられるからです。

 

おそらく、HitBTC側は自動化して処理するはずなので、遅かれ早かれ出金するしかないかなと思います。

出金先はどこにするか?

出金先で質問が多いのが、MyEtherWalletか、他の取引所にすべきかという質問。

僕はどちらでも良いと思います。

 

NOAH、SPD保有者

NOAH、SPD保有者なら、Yobitで良いかと思います。

グレーで危ないんじゃないかと、いう多いのですが、僕はかなり使っていますが、大丈夫です。

あの取引所が、日本の金融庁の指示を聞くわけがないと思いますしね。

Yobitの使い方は下記記事に書いたのでご参考ください。

[st-card id=449]

 

ハードウェアウォレットに退避させたい場合

あと質問が多いのが、ハードウェアウォレットに退避させたいという方(特にNOAH保有者から)

DigitalBitBoxへの退避方法は、過去に記事に書きました。ご参考ください。

[st-card id=2965]

 

MyEtherWalletへ退避させたい場合

こちらの記事に書きましたので、ご参考ください。

[st-card id=2701]

 

手数料が高いのが難点

HitBTCから出金するにも、結構手数料高いんですよね。

NOAHだと、びっくりするくらい。。

[st-kaiwa1]僕はガチホ予定なかったので、結局売却してBTCで出金しました。

少額の方は、手数料考えると、その方がよいと思います。

本当に欲しければ、売却して、BTCで移動して、Yobit等で購入する。そっちの方が、安いかと。[/st-kaiwa1]

 

追記:オフィシャルブログで日本に進出予定と発表

今回のドタバタした対応は、どうやらHitBTCが日本進出したいようです。

blog.hitbtc.com
 
HitBTC is preparing to launch a regulated subsidiary in Japan – HitBTC ...
https://blog.hitbtc.com/hitbtc-is-preparing-to-launch-a-regulated-subsidiary-in-japan/

直訳

[st-kaiwa2]世界で最も技術的に高度な交換プラットフォームであるHitBTCは、日本にライセンス子会社を設立するための規制インフラを整備しています。同社は規制当局と協議しており、日本の住民が現在の規制を遵守するための業務を中断することに決めた。この措置は、最近の日本の金融庁(FSA)による規制変更に対応して行われ、同国に住む人々にのみ適用される。[/st-kaiwa2] [st-kaiwa2]今年は、HitBTCチームが世界的に認知されている日本の法律事務所と協力し始めました。その協力は、地元の子会社のセットアップとライセンス手続きを通じてHitBTCを取得し、日本人のサービスを再開することを目的としていました。同社は積極的に現地事務所を雇用し、2018年第3四半期に日本事業の立ち上げを促進するM&Aの機会を模索している。[/st-kaiwa2]

なるほど、よく分かりました。

日本人には、日本人専用の取引所がオープンさせたいということでしょうかね。

しかし、知ってるのかな。。今の日本は仮想通貨の締め出しにかかってるのを・・。

HitBTCの銘柄のほとんどが、金融庁から認可されないような気がするけど・・・・。

[st-kaiwa1]追加で情報出たら記事書きますー。[/st-kaiwa1]

コメント