仮想通貨について

仮想通貨での売り板と買い板とは?

投稿日:

僕のブログの記事が増えるにつれて、だんだんコメントが増えてきましたが。結構多くてびっくりしたのが、「売れません」という質問です。

 

よくよく聞いてみると、法外な値段で指している。「売り板」と「買い板」が分かっていない方が多かったのです。

 

板がが分かっていないと売買が成立するはずがありません。

 

それが一人だけじゃなくて、頻繁に質問がくるほど。

毎回説明するのも大変だったので、ここでまとめておこうと思います。

販売所と取引所の違い

たぶんここから説明しないといけませんね。取引所と販売所は違います。まずはそれから説明します。

販売所とは

販売所で代表的なところはコインチェックですね。取引所とHPには書かれていますが、ここは販売所です。

販売所が保有している通貨を買うという感じ。

したがって、値段は1つだけです。決まってます。

取引所とは

それに対して、ユーザーが保有している通貨を買うのが、取引所です。

全然意味が違いますよね。

取引所には買い板・売り板がある

売りたい人、買いたい人がいて初めて成り立ちます。

 

自分でいくらで売りたい、いくらで買いたいを指定できる

以下はBinanceでの売り板、買い板です。

販売所とは違い、あなた含めた全員が、いくらで買いたい、いくらで売りたいというのを指定して売買できます。

1sathoshi単位(1億分の1BTC)で、買い注文、売り注文が細かく売り注文、買い注文が出ていますが、「買いたい人は安く買いたい」、「売りたい人は高く売りたい」という心理が働いています。

 

売りたい人の値段と、買いたい人の値段が一致したとき売買は成立します。

よって、表示しているのは、まだ売れていない通貨、買われていない通貨です。

 

 

意外と重要なのですが、この事が分からず、すごい値段で指値して買えません、売れませんという質問が多かったのです。

 

通貨を買う場合は売りたい人たちのなかで一番安いのはいくらかをみる

みんな高く売りたいので、そのなかで一番下はいくらなのかなと見てみます。

上記だと、0.0014224BTCで、数量0.78となっています。

これは、0.0014224BTCで買えるけど、数量は0.78までだけだよという意味です。

 

したがって、この時に数量1を買い注文しても、約定するのは0.78だけで

次に同じ値段で売りに出されるまで、保留状態になります。

 

いくらでもよいから今すぐ欲しいという方は、売り板を見て、一番安いのはいくらかをみて、その値段で買うと良いです。専門用語で、「成行き」と呼ばれる買い方です。

 

通貨を売りたい場合は買いたい人たちのなかで一番高いのはいくらなのかをみる

売りたい場合は、買う時と逆です。みんな安く買いたい人だらけなので、そのなかで一番高い値段を見ます。

上記だと、0.0014032BTCで、数量は3.92しか出ていないということになります。

 

このように、取引所では、今いくらで売りたい人がいて、今いくらで買いたい人がいるというのを見る必要があります。

 

慣れたらチャートから予想して指値

はじめは板だけを見て売買してもよいと思います。

 

慣れてきて、FXなどの書籍でチャートの見方を勉強したら、予想して「指値」しても良いと思います。

 

指値とは、値段を指定して売買することです。

適当に値段を指定したら、当然売れませんし、買えません。ある程度は、チャートを読む力が必要になります。

 

指値で売りたいときの例

下記チャートは、Indicatorに、ボリンジャーバンドとストキャスティクスRSIを表示しています。

たとえば、通貨を売りたいとき

チャートを分析すると、ストキャスティクスRSIは50%を越えて上向きなので、80%あたりまでは伸びるはず。

 

ということは、ボリンジャーバンドの+2σ(シグマ)付近までは伸びるだろうという予測がたちます。

 

それじゃ、0.0015380BTCあたりで指値で売却しよう。

 

一度に全部じゃなく、80%は0.0015380で指して、チャートから天井は0.0015500BTCの予測も立てれるので、もしかしたら0.0015500まで行くかもしれないので、20%ほど天井で指値してみよう。

 

こんな感じで指値すれば、より利益を得るためチャートから予測を立てることができます。

 

まとめ

矢野テック
ちょっとむずかしくて分からない方も、売りたい人、買いたい人がいて売買は成り立ってるというのを頭にいれておくとよいと思います。

Google Adsence レクタングル大

Google Adsence レクタングル大

-仮想通貨について
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.