仮想通貨取引所

KuCoin(クーコイン)の登録方法と使い方を図解で説明

投稿日:2018年1月15日 更新日:

Kucoinに登録してみました。ここでしか購入できない通貨もあります。

分かりやすく図解で説明してみます。

KuCoinとは?

KUCOIN

香港の仮想通貨取引所で2017年9月開設しました。出来高のランキングでは、世界でみても、まだまだです。

しかし、毎日数十万人単位で登録者が増えているという人気の取引所です。日本語には一応対応しています(翻訳レベル)。

 

Kucoinの特長

沢山ある取引所ですが、Kucoinはどんな特長があるのでしょうか?。ちょっとまとめてみました。

  • 一応日本語対応(無理やり翻訳した仕様です)
  • KCS(Kucoin Shares)を保有していると手数料が安くなる(検証中)
  • KCS(Kucoin Shares)を保有していると取引手数料の50%の配当がもらえる(検証中)
  • Kucoinへ送金すると着金メールが届く

独自通貨で手数料が安くなるのは、Binanceも同じです。

しかし、 配当がもらえるというのは面白いです。

 

Kucoinの登録のしかた

まず、Kucoinのトップページにアクセスします。

クリックしてトップページを表示する

 

登録フォームに必要事項を入力

フォームにメールアドレス、パスワードを入力します。

Kucoinは海外の取引所ですが、日本語なので分かりやすいと思います。

次へ」をクリックすると、記入したメールに承認メールが届きます。

 

メール認証

Kucoin account validation」というメールタイトルですぐに届きます。内容に書かれているURLをクリックします。

Gmail、Yahooメールの方は、かなりの確率で迷惑フォルダに入るので、ご注意ください。

届いていない方は確認しましょう。

 

Kucoinにログイン

メールのURLをクリックしたら、自動的にログインします。

Google 2段階認証の設定

まずは必須でGoogle2-step(Google二段階認証)を設定しましょう。

Google Authenticatorというスマホアプリを使って、時間で切り替わる暗証番号を表示するアプリです。海外の取引所は必須です。面倒でも必ずやっておきましょう。

 

Google 2-Step」をクリックします。

 

下記の画面が表示されたら

まだGoogle Authenticatorをインストールしていない方

iPhoneの方はAppStoreから。Androidの方は、GooglePayから、「Google Authenticator」を検索してインストールしてください。

 

QRコードを読み取る

スマホにインストールしたアプリを立ち上げてください。

バーコードをスキャン」をクリックして、KucoinのQRコードを読み取ります。

Google二段階認証

 

6桁の番号を入力する

Kucoinの「Input the number you get」の欄に、6桁の番号を入力して、Submitを押して下さい。

 

Kucoinに送金する

Kucoinは海外の取引所なので、当然ながら、日本円は使えません。

BTC建て、ETH建て、NEO建て、KCS建てで、通貨を購入することが出来ます。基軸通貨ごとに購入可能な銘柄が違い、それぞれ微妙に価格も違うので、ご注意ください。

 

BTC建てで購入するのを例にすると

 

資産」⇒「入金」をクリックします。

ウォレットは通貨ごとに異なるので、ご注意ください。

 

表示されたウォレットアドレスに、国内取引所から送金してください。

図解で書くと、僕のQRコードに送ってくる方がいますが、違いますよ。

必ず、ご自身のBTCのウォレットアドレスを表示して送って下さい。

 

Kucoinはウォレットに着金するとメールが届く

他の取引所と違って、Kucoinは着金すると、メールが届きます。

ありそうでないです。結構便利です。

 

Kucoinで通貨を購入する

マーケット」から取引可能です。

ファーストトレーディングの箇所から、簡易取引できますが、チャートを見ながらの場合は通貨ペアの箇所をクリックします。

 

KucoinはBinanceに似た取引画面です。

Kucoinは、国内のCoinCheckのような販売所ではありません。一定の金額では売っていなくて、売り板と買い板があります。

売り手と書い手の値段が一致したときに約定します。

 

あまり良くわからないという方は、分かりやすくまとめたので、一度下記記事をご一読ください。

仮想通貨での売り板と買い板とは?

僕のブログの記事が増えるにつれて、だんだんコメントが増えてきましたが。結構多くてびっくりしたのが、「売れません」という質問です。   よくよく聞いてみると、法外な値段で指している。「売り板」と「買い板」が分かっていない方が多かったのです。   板がが分かっていないと売買が成立するはずがありません。   それが一人だけじゃなくて、頻繁に質問がくるほど。 毎回説明するのも...

続きを読む

続きを見る

 

クーコインは、Indicatorより、各種テクニカルチャートが使えます。

初めての方も、FXの書籍を読んで簡単でも良いのでテクニカルチャートが見れるようになっておくと高値づかみしなくて済みます。

上記は、ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)と、ストキャスティクスRSI(Stoch RSI)を表示しました。

これによって何が分かるかというと、いつ買えばよいのか、いつ売ればよいのかが、だいたい分かります。

 

例えば、上記は、ボリンジャーバンドの下の線(-2シグマ)を大きく下回りました。

何か仕手っぽいのですが、売られすぎて、ぶっちぎってます。ボリンジャーバンドは上下の線の間にある確率が95%というのが確率統計学で分かっています。

たぶん、この後、思いっきり反発して買いが入るだろうというのが予測できます。

 

また、ストキャスティクスRSIは、-25%以下になろうとしているので、売られすぎです。

今が底値という予測が立てられます。

 

2つのテクニカルチャートから、「今が買い」というのが分かります。。

 

その後、チャートがどうなったかというと、下記のように反転しました。

このように、各種テクニカルチャートの基本を抑えておくと、ある程度動きが予想できます。

 

KCSの配当は?

KCS(Kucoin Shares)を保有しているともらえる報酬ですが、これはまた別途記事にまとめてみます。

 

Kucoinを使ってみる

KUCOIN

 

 

 

Google Adsence レクタングル大

Google Adsence レクタングル大

-仮想通貨取引所
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.