投資関連のニュース LAMBO

YobitでLAMBO、LIMBOがデノミネーション実施

投稿日:

最近、僕のブログの記事が、Yobitのネタばかりですね。

それほど、この1、2週間は激動な感じでした。そんななか、5/29にまた、びっくりする事態が。。

きっかけはLIMBO登場後の混乱から

今回のデノミのきっかけは、LIMBOでしょう。

毎時100%のInvestプランで話題になりましたが、金曜日に出て、日曜日にはDOGE建てで1satoshi以下に。

paymentが見たことがない数字になりました。

こんなのが、じゃんじゃん売買されるわけですから

取引所はとてつもない負荷がかかります。

毎時のダイスも併せて、不安定に。。その数時間後

2018/5/29急遽、LAMBOとLIMBOでデノミ実施

本当に急でした。公式Twitterで1時間後にデノミするって感じで^^;

 

LAMBOは100m(1億):1で

 

LIMBOは1Quadrillion(10の15乗):1に切り上げに。

結構厳しいです。

デノミ(デノミネーション)とは?

「枚数が減った」というコメント頂いてるので、再度説明します。

デノミは、暴落した通貨に対して行われ、発行枚数を減らし、切り上げる行為の事です。

実際の法定通貨でも行われるところがあります(ジンバブエや北朝鮮など)。

たいていは上手くいかないんですよね。前回、LIZAでデノミがありましたが、結局は価値もデノミ前よりも暴落。うまくいきませんでした。

 

LAMBOとLIMBOの毎時Investは廃止

毎時Investだと、1時間に5回Diceをしないといけないので、データベースに負荷が凄くかかったのだと思います。

長い時間、メンテナンスが続きました。

 

LAMBOとLIMBOのInvestは、日利に変更されました。

HourlyからDaillyに変わり、4%、3%と普通の数字に変わりましたね。。

他のDice不要通貨が良くみえますが、枚数の上限があるものもあるので、ご注意ください。

 

Yobitについての登録方法とInvestのやり方

下記の記事でまとめたので、やってみたい方はご参考ください。

Investは、かなり難易度高いですが、LAMBOとLIMBOは、大儲けを狙う海外のギャンブラーがごっそりいなくなったので、平穏になりました。意外とねらい目。ただし、元本回収は最優先で行うのは、Yobitのレンディングでは必須です。

Yobitトップページ
Yobit(ヨービット)の登録方法と使い方&レンディング方法、アフィリエイトの方法

前々から気になっていた海外の仮想通貨取引所Yobit(ヨービット)。前々から気になっていましたが、思い切って使ってみました。 この記事の目次1 矢野テックのYobitへの評価2 Yobitの特長2.1 Yobitでの取り扱い通貨2.2 YobitはDiceから賭けが出来る2.3 YobitではInvestBoxからレンディング(貸付け)が出来る3 Yobitの登録手順3.1 Registerから登...

続きを読む

続きを見る

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-投資関連のニュース, LAMBO
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.