MT4(MQL4)で仕手チェック(暴騰&暴落の検知)プログラムを作成

MQL4でEAを作成する際に困るのが暴騰と暴落のケース。検知する関数を作成してみました。

どんなテクニカル使っても、どんな手法で組んでも仕手が入ると崩れてしまいます。

 

それを検出して、仕手が入ったらと検知する関数作ってみました。

動かしてみて、ちゃんと検知できたので、たぶんイケてる思います。

仕手の原理

仕手の原理をちゃんと把握しておかないと、プログラム組めません。

有名なトレーダーさんも推奨しているこちらの本を参考にしました。

仕手株投資に勝つ!

矢野テック
矢野テック

内容は株だけど、FXやってる方も読んだ方が良いです。仮想通貨やってる方は、絶対読んだ方がよいです(仕手入りまくりなので)

仕手でこういうケースを避けたい

MT4のEAだと、こういうケースですね。テクニカルだけ見ていると、マッチしてしまう。

暴落時も同様です。

これを検知したい。

仕手チェック関数

MQL4で組んでます。

確認はしていませんが、簡単なコードなので、MQL5(MT5)でも動作すると思います。

使い方

呼び出して、1が返ってくれば仕手あり。0は、仕手なし。

 

前にお見せしたSMAの短期と長期のゴールデンクロスでの売買トレードに組み込むと(★の箇所)

仕手チェック関数のアルゴリズム

直前の15本のバーの終値と、現在の値(Ask or Bid)の最小と最大の価格差をチェックします。10本だと短すぎて、20本だと多いので、ちょうどよいのがこのくらいでした。

 

前のバーだけでなく、今現在のTickで超暴騰、暴落しているケースもあったので、買いの時はAskを、売りの時はBidを引数で渡して含めました。

 

価格差は、通貨ペア、見ている足によって変わるので、それも引数で渡せるようにしました。

例えば、USDJPYの1時間足であれば、0.7円くらい。0.5円だと検知しすぎてトレード出来なくなります

組み込んでみた結果

前に公開した「20SMAの短期、長期のゴールデンクロスでエントリーする」っていうEAに組み込んでみました

【MT4のEA自作】SMA(単純移動平均線)のゴールデンクロスとデッドクロスで売買するEA
移動平均線(SMA)の短期と長期のゴールデンクロスでエントリーするEAを作ってみました。MQ4のソース公開してます。

 

2019年のデータで、USDJPYペアの1時間足での結果は以下のとおり。

  • USDJPY1時間足でテスト
  • 10000$スタートで、+137$の黒字
  • 勝率100%
  • 7勝0敗

 

対処前と比べると、だいぶ変わったのが分かります。

 

 

 

 

コメント