【MT4】次のローソク足までの残り時間を表示するインジケーターを作ってみた

今、色んなスキャルピングの商材や書籍を読んで、EA作成や裁量トレードをやってるんですが、次の足まで何分あるのかが気になって仕方ない。

次のローソク足までの残り時間を算出して表示する自作インジケーターを作ってみました。

インジケーター実行イメージ

右上に、Remining time(残り時間)を、大きく表示するようにしてみました。

 

ちなみに、10秒以内になると赤字にしてみた。

矢野テック
矢野テック

地味だけど、5分足とか15分足の裁量トレードではとても便利

文字表示の場所

デフォルトは右上設定ですが、移動可能にしました。単なるCommentではなく、ObjectCreate関数でオブジェクト扱いにしたので動かせます。

インジケーターのダウンロード

ソースをビルドすれば使えるけど、ほしい方いますかね。

コメント欄にご連絡頂ければ渡します。

MQL4のソース

ソースコードは、残り時間の計算が面倒だけど、それ意外は簡単。

アルゴリズム

この計算部分が全て。

誤差がでてマイナス表示になる対策

ローカルタイムではなく、取引所の時刻を取得するTimeCurrent()を使っているためか、時々誤差が出ます。

マイナスカウントになっても足が変わらないみたいな事が結構発生します。回避するために、0カットしてます。

 

残り10秒で赤字表示

これは必須じゃなかったけど、次の足の最初が、陽線なのか陰線なのかを判断する上でも、残り10秒で赤字にすると、かなり分かりやすかったので採用。

 

課題

日本語だと、環境によっては文字化けする事もあるので、英語にしました。

 

コメント