仮想通貨取引所

Bitflyer(ビットフライヤー)登録方法まとめ&アフィリエイト方法

投稿日:2017年12月7日 更新日:

今更ながらですが、Bitflyer登録していなかったので、この機会に登録方法を図解でまとめてみました。

これから始める方がいましたらご参考ください。

Bitflyer(ビットフライヤー)の登録

公式HPよりメールを入力しアカウント作成

以下よりトップページに移動し、メールアドレス入力後、「アカウント作成」ボタンを押してください。

メールの確認しキーワードをコピー

すぐに登録メールに確認メールが届きます。届いていない場合は、迷惑フォルダを確認しましょう。

 

届いたら、キーワード部分をコピーします。

 

ブラウザに戻って、メール文中のキーワード部分をコピペします。まあ、いないとは思いますが、間違っても手入力しないことです。複雑すぎて100%間違えます。

入力して、アカウント作成ボタンを押します。

 

同意確認

同意にチェックしてbitFlyerを始めるボタンをクリック

 

個人情報の入力

続いて、住所等を入力します。必須です。

 

ご自身の名前や現住所、電話番号などを入力します。

最終的に、本人が住んでいるかの確認ハガキがbitFlyerから届きます

 

本人確認書類の提出

続いて本人確認書類を提出します。必須です。

 

自分は免許証をスマホで写真撮って、貼付しました。裏面も提出する必要があります。

 

取引目的の確認

つづいて取引目的の確認のチェックを入れていきます。

 

銀行口座の登録

続けて銀行口座の登録をします。後からの設定もOK。

 

ログインしたら、取引時確認をチェック

これでログイン出来るのですが、まず右下のログイン時確認をみてください。この項目が全て緑色になるまで取引出来ません。

 

bitFlyerのログインパスワード変更

bitFlyerの最初のログインパスワードは、「bitFlyerアカウント登録確認メール」という名前のメールで届いています。

 

複雑すぎるので変更しておきましょう。

 

ログイン画面より、左サイドバーの「設定」をクリックします。

 

パスワード変更から、変更できます。

 

bitFlyerでも2段階認証はやっておきましょう

取引所からビットコインを盗まれたというのは珍しい話ではありません。そのほとんどが、2段階認証をやっていない方です。必ずやっておきましょう。やり方は簡単です。

二段階認証をクリック

右下の二段階認証の赤い部分をクリックします。

 

確認コード入力

この画面に移ったら、メールをみてみましょう。

 

メールに届いた確認コードを、さきほどの画面に入力して「次へ」を押します。

 

確認コード選択と適用時の設定

どの二段階認証を選ぶかですが、他と統一するのであれば、「認証アプリを使う」が無難です。スマホを持っていないのであれば、携帯のSMSが良いでしょう。

 

Google Autheniticatorで二段階認証を設定をおすすめします。

他の取引所でもほとんどがGoogle Authenticatorを使っているところが多いからです。

 

Google AutheniticatorはiPhoneだとAppleから、AndroidだとGooglePlayからインストールします。

一応リンク貼っておきます。スマホでインストールしてください。

 

インストールしたら、起動してバーコードをスキャンをして表示したQRコードを読み取りましょう。

Google二段階認証

これで、数十秒ごとに変わる暗証番号が出来上がります。

以上になります。

bitFlyerを登録してみる

 

bitFlyerのアフィリエイト方法

ログインしたら、左サイドバーより、「アフィリエイト」を選択すると、紹介URLが表示します。

ご自身が本人確認書類まで通らないと、アフィリエイトは出来ません。

 

Google Adsence レクタングル大

Google Adsence レクタングル大

-仮想通貨取引所
-

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.