ビットコインを胡散臭い、怪しいと思う人が知っておくべき通貨の仕組み

ビットコインが浸透するに連れて、いちはやく所有した人のなかには、億り人(1億円以上の資産)になった方が、ごろごろ出てきました。

ビットコインの価格上昇につづいて、後に続けとなったのが2017年。逆に、まだまだ世の中には浸透していない現実があります(特に日本)。ここではビットコインを胡散臭いと思っている方が、今後どう行動していくべきなのかを簡単に説明してみます(私見がたくさんあるのでご了承ください)。

ビットコインを怪しいと思っている方の主な意見

  • 現物がない
  • 紙幣という現物が一番
  • 値段が上がりすぎている
  • バブルなだけでいつか落ちる
  • 誰が管理しているのかも分からない通貨を信用できない
  • 仮想通貨という仮想という名前のようにバーチャルな世界だけでしょ

他にも沢山ありますよね。

現物がないのは日本円も同じ

「ビットコインは現実に紙幣として手元で持てないから信用出来ない」という意見が結構出ています。

 

僕が週末ドトールで、お茶してたら、ちょうど隣でオジさん同士で、投資の話からビットコインになってこんな事を話してました。

 

[st-kaiwa5]ビットコインって現物ないから危ない。 やっぱり現物が一番だよ。[/st-kaiwa5]

 

その横で僕は、日本円も現物って無いんだけどなーって思いつつ

バージコイン(XVG)を買ってましたw。

 

実は日本円も同じということに気づかないといけません。

 

今、手にしている日本円の1万円札などの紙幣や通貨は、データ上の5%しか刷られていません。

 

したがって、手軽に多額の金額を引き出せない仕組みができあがっています。

日本に限らず世界のどこの国でもATMからの引き出しは、1日あたりで制限があります。それはそのはずで、そもそも銀行に大量に紙幣はないからです。

 

銀行は中央集権体制

銀行では銀行(政府)が管理している中央集権体制です。

中央集権体制

仮想通貨には管理者がいないP2P方式

一方、仮想通貨は管理者がいません(※リップルXRPは除く。リップルはリップル社が管理)。

管理者がいないと不安に思うかもしれませんが、こちらはセキュリティを考える上で優れてます。

P2P(ピア・ツー・ピア)という仕組みを取っています。

日銀が紙幣を刷ってるのと異なり、管理者がいません。インターネット上のパソコン同士を直接結んで「同じ」データをやり取りしています。

 

これによって、第三者が改ざん不可能になっています。

世界中のパソコンのデータをいじらないとダメだからです。

 

仮想通貨にはブロックチェーンの仕組みで改ざん不可能

仮想通貨には、ブロックチェーンという仕組みを使っています。

なんと全ての取引のデータが1本のデータに鎖のように繋がっています。

最新の取引内容は、最後尾に追加されます。

しかも、すべてハッシュ化という暗号処理をされており、不可逆的です。

 

全てのパソコンに同じブロックチェーンが保管されています。

これによって、誰かがコピーしたり、改ざんしようがないようになっています。

 

昔日本でハッキングされたのは?

2011年日本でビットコインの取引所のマウントゴックスがハッキングされて、丸々全部盗まれるという大事件が起こりました。

詳細はこちらの記事にまとめました。

この記事にも書いたのですが、ビットコインのせいでは無いのです。

取引所のセキュリティの問題だったのです。

(※現在の国内の取引所は対策万全)

 

仮想通貨のブロック発見と決済処理はマイニングで行われる

中央集権体制では銀行が決済を行っていましたが、仮想通貨では誰が決済を行うのでしょう。

 

取引所でしょうか?。

いいえ違います。

 

新しいブロック発見と、送金処理、決済処理は、マイニングという作業で行われます。

マイニングを行っている人をマイナーと呼びます。

 

マイニングはビットコインでいえば10分ごとに世界中のマイナーが競争しています。

1つ1つのトランザクションを、それが正しいものなのかを計算で答え合わせしています。

 

大変なマシンパワーが必要で、当初は家庭のパソコンで出来たのが、どんどんエスカレートしていき、今ではこんな感じになってます。

到底一般人では、マイニングしづらくなってきました。

でも、ビットコイン以外のアルトコインであれば、家庭用のパソコンでも出来るものもあります。

こちらはこちらの記事にまとめたので、良かったらご参考ください。

[st-card id=83]

 

仮想通貨は儲かるのか?

僕がその身をもって実験しています。

日記に書いてますので、その過程をご覧頂ければ分かるかと思います。私はビットコインじゃなく、アルトコイン(ビットコイン以外の通貨)を主に買ってます。

矢野テックの投資ブログ
 
矢野テックの投資ブログ
https://investment-vmoney.com/archives/category/dialy
仮想通貨を使った投資方法やMT4での自動売買の説明など、初心者向けに解説しています。投資の過程もブログに書いてます。
[st-kaiwa1]資産の伸び率がまじでヤバイです。早く始めればよかったと後悔してます。[/st-kaiwa1]

 

どうやったらビットコインを始められるか?

ビットコインのはじめ方は、FXや株に比べるとすごく簡単です。

以下の手順で行います。

  1. インターネットから国内の取引所を開設する
  2. 取引所でビットコイン(もしくはアルトコイン)を買う

国内の取引所を開設する

海外の取引所もありますが、まずは無難に国内の取引所で開設しましょう。

いくつかありますが、おすすめはCMでもおなじみのBitFlyer(ビットフライヤー)です。

ビットフライヤー

 

他にも取引所がありますが、CoinCheckはまだ金融庁認可が降りていませんし、Zaifはすぐに取引が多くなる夜はサーバーがすぐ落ちるので、無難なのはビットフライヤーです。

開設方法はこちらの記事にまとめました。初めての方はご参考ください。

[st-card id=760]

 

コメント