草コイン

OmiseGO(OMG)オミセゴーの買い方、おすすめの取引所

投稿日:

日本生まれの外国育ち、オミセゴー(OMG)が、ぐんぐん伸びてきています。

買い方をまとめてみました。ご参考ください。

オミセゴー(OMG)とは?

OMG公式ページ

重要な部分を翻訳してみると

サイトより
OmiseGOは、主流のデジタルウォレットで使用するための一般的なEthereumベースの金融テクノロジであり、管轄区域や組織のサイロ、および金銭的な通貨と分散型通貨の両方で、リアルタイムでピアツーピアの価値交換と支払いサービスを可能にします。 財務の組み込みを可能にし、既存の機関を混乱させるように設計されたOmiseGOネットワークとデジタルウォレットフレームワークを介して、誰もがアクセスできるようになります。
オミセゴーは仮想通貨とFIAT(法定通貨)を目指した通貨で、イーサリアムをプラットフォームとしています。

創業者が日本人なので、こんな名前との事です。

 

調べてみると、かなり大口の銀行が続々出資しています。

更には海外も

リップルの例もあるので、これだけでも購入に値しますね。

今後に期待が持てます。

OMGの時価総額と現在の価格

オミセゴーの現在の時価総額と価格は以下のとおりです。

 

2017/12月から、急激に伸びています。

 

なんとオミセゴーは1年で1,500%も伸びたとのこと。

 

オミセゴーの取引量

OMGの24時間の取引量は、2017/12月の段階で、24時間あたりで$2億ドルなので、かなりの取引量です。

24時間あたりの取引量がすくないと、買っても売れないケースがあるので、OMGは安心して買えますね。

オミセゴー(OMG)が上場している取引所

クリプトカレンシーでみてみると、取引所は以下のとおりです。日本からの取引だと、Bitfinex、Bitrrex、Binanceが候補ですね。

OMGを購入するためのおすすめ取引所

選択肢はいくつかありますが、僕のおすすめは以下です。

Binance(バイナンス)

Binance バイナンス

世界1位の取引所です。そして、日本語対応です。日本語で対応しているというだけで、他の取引所の候補が落ちます。英語がさっぱりわからない方でも問題なく普通に使えます。

また、本人確認書類の提出が不要で、アカウント登録後、すぐに使うことができます。これは非常に大きいです。

Binanceの登録方法

Binanceの登録方法については下記記事にて、図解でまとめました。海外の取引所への登録で不安な方も安心してご登録ください。

Binance バイナンス
Binance(バイナンス)の登録方法と使い方、アフィリエイト方法

バイナンスの登録方法について図解マニュアルを作成してみました。 海外の取引所ではありますが、唯一?といってもよい日本語対応です。 この記事の目次1 Binanceについて2 Binanceの登録手順2.1 「登録を」クリック2.1.1 Binanceをスマホから登録したい場合2.2 メールアドレス&パスワードを入力して登録2.2.1 登録時に使用するメールアドレスについて2.2.2 パスワードの注...

続きを読む

続きを見る

 

OMGを買う前にバイナンスのウォレットにBTCを送金しておく

Binanceの仮想通貨は、日本円では買えません。BTC建て、もしくはETH建てで他の通貨を買う形になります。

出来高が全然違うので、無難にBTC建てがおすすめです。

 

国内の取引所からBinanceのウォレットへ送金しておきます。バイナンスのBTCウォレットへの入金方法は、メニュー右上から行います。

 

資産」⇒「預金の引き出し」を選択します。

 

預金」ボタンを押すと、BTCのアドレスが表示します。これをコピーして国内のBTCウォレットから送って下さい。

 

矢野テック
たぶん大丈夫だとは思いますが、手入力は絶対無理ですからね。どこの取引所でも同じですが、打ち間違えて送金しちゃうと、返ってきませんのでアドレスは必ずコピペしましょうね。

 

 

オミセゴー(OMG)の買い方

Binanceに登録済みの前提でお話をすすめていきますね。

OMGを実際にどうやって購入するのか説明します。

 

Binanceにログインしたら、取引センターから行います。

スタンダードとアドバンス2つから選べますが、細かいチャートが使えるか否かの違いです。自分は、テクニカルチャートが使えるアドバンスモードが好きなので、「アドバンス」を使っています。

 

通貨ペアでOMG/BTCを選ぶ

 

BTC建てだと、BTCをクリックして

OMG/BTCを選んで下さい。

 

あとは数量と値段(指値可能)を入力して、「購入」ボタンを押してください。

これで完了です。

テクニカルチャートを使う

Binanceのアドバンスモードではテクニカルチャートが使えます。

これがかなり便利です。すぐに買わずに、まずはテクニカルチャートを使って、今が上昇トレンドなのか下降トレンドなのか、買い時なのか売り時なのかを見極めましょう。

 

例えば、下記は2017/12/21の1時間足のオミセゴーのチャートです。

インディケーター(Indicator)は、ボリンジャーバンド(BOLL)とストキャスティクスRSI(StochRSI)を表示しました。

 

ボリンジャーバンドは、下の線-2σ(シグマ)〜上の線+2σの間に入る確率は、確率統計より95%です。

これを外すと反発する可能性があるというのが分かります。ボリンジャーバンドを見るがぎり、今が天井かなーと予想できますね。

 

また、ストキャスティクスRSIは、ストキャスティクスとRSIという2つのオシレーター系指標が合体した指標です。

FXの書籍1冊読めばわかることですが、簡単にお伝えすると、80%以上だと今が天井で売り時、このあと下がる可能性が高いことを示唆しています。

 

2つのテクニカルチャートより、この後、下落する可能性が高いので、買い時じゃない⇒様子を見ようってことがわかります。

 

これは書籍1冊の内容を知っているかの差なので、使うと天井で掴む確率が大きく減ります。

 

BinanceでOMGを購入する

Binance バイナンス

 

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-草コイン
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.