売買手法 仮想通貨について

仮想通貨1万円から買っても儲かるのか?最初の一歩

投稿日:

仮想通貨を初めて2ヶ月ちょっとですが、投資日記に書いているように最初の10万からかなり増えました。

今から始めている方も多いと思いますが、僕の今の投資日記を見て、その通り買おうと思っている方が多いです。

矢野テック
ちょっと待ったー!

と言いたいのです。

 

原資数百万あるのと、原資10万以下では買う通貨が全然違います。

僕の今の状況は今、読んでいる貴方と違うので、同じ買い方で正しいとは言い難いのです。

 

ましてや、トレード経験値がまだ一切無い状況で、草コインと言われる時価総額がかなり低い通貨に有り金ぜんぶ投入しようとしている方も多々見かけますが、クレイジーです。

今日は、そこをちょっとまとめてみたいと思います。

 

仮想通貨1万円でどのくらい儲かる?

仮想通貨1万円

数10倍儲かるものもある

結論から言えば、うまくいけば数十倍は行きます。

前回の自分のポートフォリオですが、上位を占める以下2つは

  • XP:1060万枚 625万円
  • PAC:1481万枚 27万5230円

これらは、XPは10万円分、PACは2万円分の初期投資です。

 

どの草コインも伸びるわけではない

単価が安い草コインはどれでも伸びるのかというと、どのコインも伸びるわけではありません。

以下、僕の失敗例です。

5000円ずつ買ったものが、今では目も当てられない状況に。

草コインを、何も下調べせずに、あれこれ買いまくっていた時期の失敗例です。草が雑草のまま終わったって感じです。

このように、必ずしも上がるわけではありません。

 

草コインは通貨の用途や、Twitterでの盛り上がり具合など、色々調査できる能力が必要です。

仮想通貨の情報収集能力がある程度ある方が買う通貨です。

 

この通貨買いですか?

ブログやってるせいか、こういう質問をTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)で頂く事がありますが、この質問している時点でアウトですね。買わない方が良いです。

 

自分で調査出来ない、自分で判断出来ないという事を意味しているからです。

まだ、購入段階ではないということかなと思います。

 

仮想通貨初心者が始めに買う通貨は?

まずは国内の取引所で慣れる

原資1万円からという時点で、トレード初心者でしょう。

いきなり海外の取引所ではなく、国内のトレードで慣れるのが先だと思います。

初心者が最初に買うのは、国内で買えるBTCやETH、XRPなど仮想通貨時価総額上位のものがおすすめだと思います。そこでトレードに慣れるのが先決。

 

私も一番最初は国内中心でした。最初の投資日記を見て分かるように、国内で買える通貨ばかりです。

仮想通貨投資、初期資金10万円でスタートして1ヶ月やってみた結果(10万→5万→11万7000円)

2017/11初め、本格的にスタートしました。1ヶ月やってみて、あと1年早ければと本当に心から思います。 まあ、それは仕方ないです。初期資金10万円でスタートしてどんな感じになったか、出来る限り毎月レポートしていきたいと思ってます。 この記事の目次1 最初の失敗はHYIP(ハイプ)に手を出してしまったこと1.1 まずは情報収集と知識習得2 一ヶ月目のポートフォリオ2.1 保有銘柄2.2 僕の草コイ...

続きを読む

続きを見る

しかも、無知だったため、いきなりHYIP案件に手を出してしまい大損しました。それから徹底的に勉強しました。

僕みたいにならないためにも、まずは国内の取引所で慣れることが重要だと思います。

 

国内の3大大手取引所、bitFlyerCoinCheckZaifの3つは全て登録しておきましょう。

面倒かもしれませんが、国内ではそこでしか買えない通貨もありますし、取引所間の価格差を利用したアービトラージも出来るので、全て登録しておきましょう。

 

各取引所の登録方法は記事にまとめたのでご参考ください。

bitFlyerの登録方法図解解説

ビットフライヤー
Bitflyer(ビットフライヤー)登録方法まとめ&アフィリエイト方法

今更ながらですが、Bitflyer登録していなかったので、この機会に登録方法を図解でまとめてみました。 これから始める方がいましたらご参考ください。 この記事の目次1 Bitflyer(ビットフライヤー)の登録1.1 公式HPよりメールを入力しアカウント作成1.2 メールの確認しキーワードをコピー1.3 同意確認1.4 個人情報の入力1.5 本人確認書類の提出1.6 取引目的の確認1.7 銀行口座...

続きを読む

続きを見る

CoinCheckの登録方法図解解説

コインチェック
コインチェック登録は本人確認がポイント

国内の仮想通貨の取引所の中では、ビットフライヤーと並んで人気なのがコインチェックです。 登録方法はインターネットからのみ出来ますが、これがなかなか時間がかかり大変でした。手順をまとめてみましたので、ご参考ください。   この記事の目次1 コインチェックにアクセスし新規登録をクリック1.1 コインチェックをスマホから登録する場合2 コインチェク新規登録の際のアカウントの種類はどれを選べばよ...

続きを読む

続きを見る

Zaifの登録方法図解解説

Zaif(ザイフ)の登録手順

日本では、bitflyer、Coincheckと並んで大手の取引所が、Zaif(ザイフ)です。 登録は、FXや株のように資料などを取り寄せる必要はなく、全てスマホやパソコンなどインターネットからのみ可能です。 登録手順をまとめてみたので、ご参考ください。 この記事の目次1 Zaifを登録する利点1.1 Zaifの取り扱い仮想通貨2 Zaifのトップページにアクセス3 メールアドレスを入力して登録ボ...

続きを読む

続きを見る

 

板の仕組みを理解する

このブログのコメントで、結構多いのが、「売れない」「買えない」という質問です。

売り板、買い板というトレードに必須の知識が分かっていない方が多いです。取引所は販売所とは違います。いくらで販売しますというところではありません。

僕たち含めて、その取引所のユーザーが、いくらで売りたい、いくらで買いたいというのを出し合って、価格が合致したときに初めて売買が成立します。

これについては下記記事に分かりやすくまとめてみました。全くわからない方はご一読ください。

仮想通貨での売り板と買い板とは?

僕のブログの記事が増えるにつれて、だんだんコメントが増えてきましたが。結構多くてびっくりしたのが、「売れません」という質問です。   よくよく聞いてみると、法外な値段で指している。「売り板」と「買い板」が分かっていない方が多かったのです。   板がが分かっていないと売買が成立するはずがありません。   それが一人だけじゃなくて、頻繁に質問がくるほど。 毎回説明するのも...

続きを読む

続きを見る

 

アービトラージについて

ビットコイン含めた、どの通貨も取引所ごとに値段が微妙に異なります。

以下のサイトをみると一目瞭然です。こんなにも違うのかと驚くと思います。

 

アービトラージとは取引所間の価格差を利用して、安い所で買って、高い所で売却し、その差額を儲けるという手法です。

アルトコイン(ビットコイン以外の通貨)も結構差が出ているので、これも調査能力次第で儲かりますね。

 

これが出来るので、国内の取引所は出来るだけ全て登録しておいた方がお得です。

 

最初のトレードはビットコインがおすすめ

まずはビットコインだと思います。

ビットコインは、上げ相場だけでなく、みんなが売却しまくる時期が必ず来ます。こんな真っ赤っ赤の状況が来たらチャンスですね。

仮想通貨チャート一覧より

 

こういう状態ではリップル以外はチャンスですね!。買いましょう!。

 

みんなが売っている時に、買う

それが弱者が這い上がる基本かなと思います。

 

そして、みんなが買いまくってるときに、売却する。

その繰り返しで、少しずつ原資を蓄えていくのが、近道かなと思います。

 

みんなが売っているときに、手持ちの通貨を狼狽売りせずに、買い増し出来るか?。

矢野テック
これが結構難しい。

 

損切りはするのか?

FXとかだと損切りのルールを明確にしてトレードするのが基本だとおもいますが、仮想通貨はちょっと違う感じです。

前日まで-20%だったものが、当日+100%越え、+200%越えというのはザラにあるからです。あの時、ホールドしておけばよかったというのがよくあります。

 

Twitterで大きく稼いでいる方の動きをみていると、大きく下がったとき初心者が狼狽売りしている状況で、バーゲンだバーゲンだと、買い増ししまくってる方が多いです。

今までの経験から、どの通貨も全面安の下がった局面だと、数日後には、大きく伸びる可能性があることを知っているからだと思います。

 

Google Adsence レクタングル大

Google Adsence レクタングル大

-売買手法, 仮想通貨について

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.