マイニング

Sprouts(SPRTS/スプラウトコイン)のPOSマイニング方法

投稿日:2018年1月11日 更新日:

SPRTSのマイニング行うものの色々な所で詰まって、すごい大変でした。

やり方をまとめてみます。

POSマイニングとは

知っている方は当たり前ですが、この記事を読む方は、全くの初めての方もいるので念のため。

POSとはプルーフオブステークの略です。保有している通貨量に応じて、マイニング成功率と報酬が決まるという方式です。

パソコンパワーを使うビットコインやビットゼニーのマイニングはPOW(プルーフオブワーク)です。それとは別物です。

SPRTSの買い方

スプラウトコインを保有していないと、マイニングは出来ません。購入方法については下記にまとめました。

sprouts
Sprouts(SPRTS/スプラウトコイン)の買い方、購入可能な取引所

今、POSマイニングが出来る通貨を集めています。そのなかで、SPRTS(スプラウトコイン)を買ってみました。 買い方について図解でまとめてみます。   初めて買うコインがSPRTSという方は避けた方が良いです。このスプラウトコインは草コイン中の草なので、このコインを買う方のほとんどが投機目的。1万円分が数十万円になるかも・・・そういう魅力はありますが、調べれば調べるほど「草」です。そこは...

続きを読む

続きを見る

SPRTSのPOSマイニング手順

スプラウトコインはデスクトップウォレットを使ってマイニングを行います。

デスクトップウォレットをダウンロード

以下よりダウンロードします。

ダウンロードしたexeファイルをクリックすれば、デスクトップウォレットが起動しますが、ちょっとまってください。

データフォルダを変えたい場合

矢野テック
この内容は必須では無いよ。わけが分からない方は、飛ばしてOKです。

1つのデスクトップウォレットで数GB~30GBくらいハードディスク容量を使います。

 

僕のパソコンは、Cドライブ、Dドライブ2つあるのですが、Cドライブはそこまで容量無いです。

そういう方は多いと思います。CドライブはSSD搭載している方は特に。

 

ほとんどのデスクトップウォレットが強制的に、Cドライブの隠しフォルダAppDataフォルダに入れられるのですが、これがどうしても僕は嫌。

 

SPRTSに限らず、ほとんどのデスクトップウォレットではデータフォルダの保存先を変更することができます。

 

以下の手順です。

デスクトップにexeのショートカットを作成する

 

プロパティ表示

作成したショートカットを右クリックして「プロパティ」をクリック

 

リンク先に追記

sprouts.exeの後ろにオプションを追記します。

sprouts.exeの後ろに半角スペースを空けて、以下のオプションを入力します。

-datadir=パス

 

パスは、どこに保存するかです。exeと同じ場所であれば、コピペすればOKです。

下記は僕が格納した場所(同じ内容で入力しないでね。存在するフォルダじゃないと駄目)。

これで設定完了です。

 

sprouts.confの作成とノードの追記

普通は、デスクトップウォレットの実行ファイルをダブルクリックすれば、自動的に同期が始まるのですが、残念ながらスプラウトコインのデスクトップウォレットは永遠になりません。

これに、だいぶ苦戦しました。

対処法は、confファイルを作って、ノードを指定することです。普通は、これやらなくても良いんですけどね。SPRTSは必須です。

 

データフォルダに、メモ帳などのテキストエディタで以下の内容を「sprouts.conf」というファイル名で保存してください。

上記ノード情報は、CoinExchangeにて公開しているものです。

 

実行ファイルを実施 or ショートカットを実施

この記事通りショートカットをデスクトップに表示した方は、ショートカットを実施してください。

そうじゃない方は、sprouts.exeをダブルクリックしてください。

(※直接exeを実施すると、データフォルダはCドライブユーザーフォルダの「AppData\Roaming\Sprouts」を指します)

 

同期するまで待つ

あとは待ちます。1日くらいはかかりますね。

ウォレットの右下に、緑色のチェックが入るまで待ちましょう。

 

デスクトップウォレットへ送金する

必ず同期が完了してから行ってください。

同期が完了しないと着金しません。焦っちゃ駄目です。

デスクトップウォレットに少額送金してみる

まずは100など少額を送りましょう。

CoinExchangeで購入した前提で話をすすめます。CoinExchangeにて、右上のBalancesをクリックします。

 

出金したい通貨の右側の「Actions」⇒「Withdraw SPRTS」をクリック。

 

以下のような画面になるので、出金金額、ウォレットアドレス、パスワード等を入力します。

 

SPRTSのウォレットアドレスとは、自分のSPRTSのデスクトップウォレットの受取アドレスの事です。

デスクトップウォレットの「Receive coins」をクリックし、右クリックして、「Copy address」をクリックします。

 

あとはCoinExchangeに戻って、このアドレスをコピペしてください。

そして、「Submit Withdrawal」をクリックします。

 

これで終わりではなく、メールが届きますので、Confirm(承認)してください。

 

全額送金する

少額のときと違って、Confirm(承認)されるまで時間がかかります。

とくに、SHNDは単位が低いので、枚数が大量にあります。金額が大きければ大きいほど、着金しても承認まで時間がかかるので、気長に待ちましょう。

 

ウォレットの暗号化

ウォレットの暗号化を行います。

Settings」⇒「Encrypt Wallet」を選択します。

 

ここが結構重要なのですが、半角英数字を使った10桁以上のパスワードを入力します。

パスワードは、必ずメモしてください!。毎回、このPOSの事書くと、パスワードが分からなくなったとコメントを1つか2つもらうのですが、僕にはもうどうしようもありません。本当にお願いします。パスワードはご自身で管理してください。

 

警告でますが、パスワードを忘れると、全てのコインを紛失しますよと表示しています。なので、かならず、パスワードはメモしておいてください。

YES」をクリックします。

 

またメッセージがでます。

マルウェア対策(ウイルスのことね)はしっかりしてくれと書いてます。

OK」を押すと、一旦ウォレットは終了します。

 

再度立ち上げてください。起動するまですごく長いですが、そのまま待ちます。

 

ウォレットのアンロック

必須事項です。マイニングを受け取るためにはアンロックしないと受け取れません。

パソコンを終了したり、起動し直した際は、またロックされるので、都度アンロックしてください。

 

Settings」⇒「Unlock wallet for minting Only」を選択します。

 

暗号化した際のパスワードを入力します。

 

これで鍵が外れます。

 

マイニング準備OKです。

 

マイニングは熟成期間が必要

マイニングは、すぐには始まりません。

熟成が必要です。熟成期間は、スプラウトコインは熟成に5日かかります。

 

5日後、熟成完了しました。

 

2647万枚で30日で75%。24時間では0%。結構、採掘確率低いねー。

数千枚規模では24時間は無理。

 

マイニングはトランザクション毎に行われる

トランザクション毎に行われます。

最初に送った100枚が邪魔だなーと思いますよね。

 

トランザクションを1つにまとめたい場合

以下の記事にまとめました。通貨はXPの内容ですが、ウォレットは同じなので、やり方も同じです。

仮想通貨XPのデスクトップウォレットにて複数のトランザクション(Transactions)を1つにまとめる方法

XPのマイニングで困ったのが、トランザクションごとにマイニングしてしまうこと。複数に分割して送ると、その単位でマイニングしてしまいます。 このトランザクションを1つにまとめる方法が分かったのでシェアしますね。 この記事の目次1 前提条件2 注意事項3 手数料を設定する4 「Settings」⇒「Options」を選択する。4.1 自分のアドレスとは?5 MacOSの方 前提条件 以下の前提条件で説...

続きを読む

続きを見る

矢野テック
なお、SPRTSでは送金手数料0.01かかります。 その分を差し引かないと送れません。

 

これで最初に送った100枚が邪魔だったのですが、これで一緒に出来ました。

 

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-マイニング
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.