マイニング

SHUT(シャトルコイン)のPOSマイニング方法

投稿日:2018年9月7日 更新日:

SHUT(Shuttle Coin)というPOS通貨が2018/9月にGRAVIEXという取引所で上場したので購入してPOSしてみました。

POS通貨のスペックとしては、なかなかおいしい通貨です。

そのあたりの情報、実践結果含めてまとめてみます。

SHUTについて

公式サイト

通貨スペック

Bitcointalkの情報をみると、POSのスペックは以下のとおり。ブロックごとに異なりますが、最大2000%。ちょっと前のWOMENコインと同じようなスペックです。

この情報が出た段階(2018/9/5)のブロック高で、日利2.7%くらいの報酬とのこと。なかなか良いです。

Discord

最新情報はTwitterではなく、公式が運営しているDiscord内から得るしかないです。

https://discord.gg/3xB3Yjt

 

SHUTのPOS手順

手順は以下のとおり

  1. GRAVIEXでSHUT購入(0枚ではPOS出来ない)
  2. パソコンにSHUTのデスクトップウォレットをインストール
  3. 必要な手順踏む
  4. 同期させる
  5. SHUTをデスクトップウォレットに入金
  6. POS開始

ざっとまとめればこんな感じです。

 

SHUTを購入

この記事を書いている2018/9/5段階では上場先は、GRAVIEXという取引所のみのようです。

使い方はこちらの記事にまとめました。

GRAVIEX Exchange取引所の登録方法と使い方

POS通貨SHUTの上場先がGRAVIEXという取引所だったので、この通貨を買いたかったので登録して使ってみました。 ここはアフィリエイトによる紹介者プログラム(Referral program)がないため、勧めている人が少ないです。ほとんど日本語での情報がない取引所です。 登録方法や使い方を図解で説明してみます。 この記事の目次1 GRAVIEX Exchangeについて2 GRAVIEX Ex...

続きを読む

続きを見る

板は薄い(売買の出来高は少ない)ので、いきなり大金でやらないようにしましょう。

 

SHUTのデスクトップウォレット(qtウォレット)をインストール

まず、公式サイトよりデスクトップウォレットをインストール。

https://www.shuttlecoin.net/#wallet

矢野テック
この記事を書いている段階(2018/9/5)ではWindows版のみのようです。

 

解凍して、qtウォレットを起動します。

ウイルス判定される場合

POS可能なデスクトップウォレットは、ほぼ100%セキュリティソフトからウイルス判定されてしまいます。

起動した瞬間、削除されてしまいます。以下の記事の要領で除外設定してください。

ウイルス判定
マイニングソフト、デスクトップウォレットがウイルス判定される対処方法

CPUマイニング、デスクトップウォレットでPOSマイニングやってる方は、ウイルス判定されてしまう経験がある方は多いと思います。 コメントで、とても多い質問だったので、記事にしました。   この記事の目次1 マイニングソフトはウイルス判定される2 対処法2.1 Windows Defenderでの除外設定方法2.2 ウイルスバスターの除外設定方法2.3 マカフィーの除外設定方法2.4 No...

続きを読む

続きを見る

 

起動しても同期しないのでConfファイル作成

起動しても、「同期していない」という表示のままです。

実は、ふつうにインストールして立ち上げるだけでは同期が開始しません

 

Confファイルの作成と追記が必要になります。

一旦、今起動したSHUTのデスクトップウォレットを終了します。

 

Windowsの左下の検索に、「%AppData%」と入れます。

AppData

POS行う通貨のほとんどすべてが、普段アクセスできない隠しフォルダに、秘密鍵やブロックチェーンのデータがダウンロードされるのです。上記の方法をとらないと、ふつうにエクスプローラーではアクセスできません。

 

ShuttleCoin」というフォルダが自動的に作成されているはずです。クリックして中身をみます。

 

内容は以下の内容です。

SHUTのaddnode一覧

ShuttleCoinフォルダ内に、メモ帳で下記内容で保存してください。ファイル名は「shuttlecoin.conf」で保存します。

矢野テック
ノード情報は検索しても見つかりません。Discord内に散在してます。だいぶ探しました。

 

ファイルの保存方法で質問があったので、動作確認済みのshuttlecoin.confを以下からダウンロードできるようにしました。ZIP形式で圧縮してます。

解凍して中身のファイルをShuttleCoinのデータフォルダ内に移動してください。

 

データフォルダ内に保存した出来上がりはこうなります。

confファイルをダウンロードせずに、ご自身で保存して使った方は、拡張子が.txtのままではいけません。

それは文字だけのテキストファイルとして処理されます。

かならず、拡張子は.confで、CONFファイルとして保存してください。

 

再度実行ファイル起動!同期開始

再度、shuttlecoin-qt.exeを実施します。

confファイルが正しく読み込まれると、下図のように同期が始まります。

緑のバーが全て満杯になり、「同期していない」の表示が消えるまで待ちます。

 

同期が完了した上記の状態になってから、取引所から入金します。

同期前だと着金しません

 

ウォレットへの入金

入金先のウォレットアドレス表示は、「コインを受け取る」から、アドレス上で右クリックして、「アドレスをコピー」を選択します。

 

取引所のから出金手続き(withdrawal)して、このアドレス宛に送金します。

GRAVIEXからの出金方法は過去の記事に書いてますので、そちらをご参考ください。

 

ウォレットの暗号化

着金したら、まずウォレットの暗号化を行います。

上部メニューから、「設定」⇒「ウォレットの暗号化」を選びます。

 

パスワードを設定します。

8文字以上で設定します。

ここで設定したパスワードは忘れないものにしてください。

忘れると出金出来なくなりますので要注意!。不安な方はメモしておいてください。

 

以下のような警告が表示されます。「Yes」を選択。

 

完了したら以下のメッセージが表示されます。

OKを押すと、一旦、デスクトップウォレットは強制的に終了します。

再度起動します。

 

ウォレットのアンロック

続いてアンロックします。

設定」⇒「ウォレットをアンロック」を選択します。

これで準備完了です。

矢野テック
ウォレットの暗号化とアンロックはPOS実施する上で必須です。

 

POS開始

以上の手順で、あとはほったらかしで、開始します。

ステーク(報酬発生)までの目安時間は、右下の鉱山マークにマウスのカーソルを合わせると表示されます。

最初は大きな時間ですが、数十時間後に正しい値になります。だいたいウォレットの金額値ぐらいの「重さ」になります。

 

SHUTのPOS発生頻度

下記は、1万円分ほど買って試した僕の実践結果。

SHUT

1回あたりのステークは少なめ。

しかし、発生頻度はかなり高い。

 

たった3000枚そこそこで、30分~1時間おきに発生するというのは、他のPOS通貨に比べても多い。

なお、最初のステークは時間がかかります。徐々に早まっていく感じです。

 

SHUTの欠点は、価格がまだ不安定なところ。

上場直後なせいか、相当不安定なので、いきなりの大金を投じて一気に買うのはおすすめしません。

ちょびちょび買い増ししては育てるというのが良いかと。

 

 

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-マイニング
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.