マイニング

マイニングの現状!初心者の方は知っておこう【2018年11月】

投稿日:

マイニングは儲かるのか?。〇〇っていうクラウドマイニングはどう?とか質問が多いので記事にしました。

このブログを書き始めたのが2017年11月なので、昔の記事で、これが良いよって書いたものが、今ではそうでないものもあります。

若干前と言ってる事が違うじゃんって内容ですが、すみません。

それほど短期間で状況が大きく変わりました。

マイニングとは何をやっているのか?

マイニングの役割は2つです。

  • 新しいブロックの発見
  • 送金の承認

新しいブロック発見と、誰から誰に渡ったかという送金処理は、マイニングという作業で行われます。マイニングを行っている人をマイナーと呼びます。

 

1つ1つの送金処理の事をトランザクションという呼び方をします。

頻繁に使う単語なので、これは覚えておきましょう。

 

マイニングはトランザクションが正しいものなのかを計算で答え合わせしています。

送金して、受け取りまで時間がかかるのはこのためです。

 

初心者の方はかなりの数、勘違いしているのですが、取引所がトランザクションを承認しているわけではありません。マイナーが承認しています。

マイナーのおかげで仮想通貨の世界は成り立っています。

 

マイニングといっても大きく2種類ある

一口にマイニングといっても、大きくわけると2種類あります。本当はPOIとかあるんですが、基本は2つ。

これは通貨によって異なります。

POW(Proof Of Work)

CPUやGPU(グラフィックカードに付いているパワーユニット)を使って計算します。電気代を大量に使います。

世間一般のイメージのマイニングはこちら。

やり方は、CPUを使う方法、GPUを使う方法がありますが、GPUの方が圧倒的に掘れます(CPUマイニングの数十倍)。

マイニングリグというマイニング専用のパソコンを作るときは、グラフィックカードを何個も繋げてこんな感じの特殊なパソコンを作ります。

温度も高熱になるのでケースなどはなく、剥き出しです。

グラフィックカード1枚あたり10万以上かかります。マイニングの影響で高騰して、値段がなかなか下がらないんですよね・・。

 

BTCやBCHはASIC(エーシック)というマイニング専用の特殊な機械を使わないとほとんど掘れません。1台40万~60万くらいします。

POS(Proof Of Stake)

保有通貨の枚数に応じて、定期的にマイニング報酬が入ります。

0枚からは不可能。必ず、その通貨を持っていないといけません。枚数を多くもっていると、枚数に応じて報酬がもらえます。

草コイン(時価総額が低い通貨)が採用している事が多いです。

 

POWマイニングの現状

difficulty(難易度)が上がりすぎて、BTCなど時価総額上位の通貨は、もはや、普通のパソコンで掘る事は不可能です。

専用のマイニングリグを組んでも、出ていく電気代の方が高いのが現状です。

 

価格の下落とDifficultyの上昇に伴い、BTCはじめ時価総額上位の通貨は、マイニングすればするほど赤字が続いているようです。

現に、マイニング企業の多くが2018/11月に多く潰れています。

 

色々、英語で検索して調べたら、こんな衝撃的な映像が!!!。潰れた企業は、じゃんじゃんマイニング機械を捨てているようです。

矢野テック
もったいない!!。1台くれーって思った。。ASICが、ゴミのように捨てられています・・・

 

現状はBTCの価格が100万円以上でないと利益はでないです。

 

POSマイニングの現状

保有枚数に応じて、報酬がもらえるのがPOSの仕組み。

僕は、POSが出来る通貨を選んで、色々やっているのですが、日々ステークはしますが散々な状況です。

もらえる枚数よりも、日々の価値の下落の方が多いのです。

 

BTCでさえ下がっている状況なので、アルトコイン、ましてや草コインの暴落率はひどい有様です。

枚数はもらえるけど、通貨自体の価値は下がっているという状況です。

これはどのPOS採用の通貨にもいえると思います。

 

特に、高報酬の通貨は、とんでもないハイパーインフレ起こしています。

1通貨の価値がBTCの最低価格である1satoshi(1億分の1BTC)を割っているものも多いです。

1satoshiを割っている件については質問が多いので、これは別途記事に書きます。

 

クラウドマイニングも同様に儲かっていない

先日、投資をやってる友人と飲み会をして、結構勘違いしていたので、目次に入れました。

クラウドマイニングは、何か別のマイニングと思い込んでいる方が多いようです。

 

クラウドマイニングは資金を一般ユーザーから集めて、機材を購入してPOWマイニングを行っています。

投資金に応じて配当を返しているようですが、結局のところ、クラウドマイニングの中身はPOWマイニングです。

 

現状は、説明した状況です。

直でやっている企業が潰れているのに、儲かっているわけがありません。

潰れる可能性が高いです。

 

資金をユーザーから集めることを優先して、自転車操業の可能性もあります。

クラウドマイニングの投資話が来ても、やめておきましょう。

今は危険としかいいようがありません。

 

マイニングで儲かるという業者に注意

今は無いでしょうって思ったんですが

まだありますね。。

メルマガなどで来る場合は、本当に注意しましょう。

Twitterでどれだけ話題になっているか、運営元企業、じっくり調べましょう。

現状は説明した通りなので、まず儲かるって事はないので、ほぼ詐欺かと思います。

 

 

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-マイニング
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.