プログラム - python

PythonでBTCの価格を毎秒取得して表示する

投稿日:2018年2月16日 更新日:

プログラマーらしいことは、このブログでは、ほとんど何も書いてないのですが

将来的にやりたいこともあって、残していくことにしました。

得意なのはPHPだけど、Pythonの方が使いやすいので、当面これで。

 

今回のプログラムの目的

bitFlyerのAPIを使って、BTCの価格(Bid)を毎秒取得して表示する

ちなみに、Bid=売値です。

 

使用するのはbitFlyerのAPI

https://api.bitflyer.jp/v1/ticker

登録しなくても使えるので便利。

JSON形式で返ってきます。

あとはそれを取り出して色々使います。

 

詳細はbitFlyerのAPIのページをみるとわかります。

 

ソースコード

一応、完成したサンプルコード。

PythonでのJSON形式の日付を文字列に変換するのがムズかった

JSONの日付をパース出来なくて、思いのほか時間がかかったです。

dateutilモジュールを使うと簡単にパースできました。

結構はまってる人多いかも。

(python-dateutilをインストールしておく必要あり)

その他

今後、暴騰、暴落をチェックしたいので、取得データはリストに格納。

他の言語と違って、Pythonは配列って存在しないんですよね。リストが代わり(使い方は配列と同じ)。

 

実行結果

実行結果は以下のとおり。

 

今後の改良予定

矢野テック
暴騰、暴落をチェックして

メールに送信したいです。

 

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-プログラム - python
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.