仮想通貨取引所

Yobit(ヨービット)の登録方法と使い方&レンディング方法、アフィリエイトの方法

投稿日:2017年11月30日 更新日:

前々から気になっていた海外の仮想通貨取引所Yobit(ヨービット)。前々から気になっていましたが、思い切って使ってみました。

矢野テックのYobitへの評価

矢野テック
所在地不明というのがあり最初は不安だったのですが、しばらく使ってみて、かなりちゃんとした取引所だという事がわかりました。
  • 日本語 :非対応。英語、ロシア語、中国語のみ。
  • 通貨種類:
  • 矢野テックおすすめ:
  • 危険度 :

Yobitの特長

Yobitトップページ

Yobitは、他の取引所と異色です。どこの国で運営されているか、どの会社が運営しているのか、一切分からない危なさはありますが、他のどの取引所よりも早くハードフォークコインを配っています。そして、Diceゲーム(賭け)が出来たり、レンディング(貸付け)が出来たり他の取引所と違う特性がいくつかあります。若干リスクがありますが、試しに使ってみたので、その過程をまとめてみます。

 

Yobitでの取り扱い通貨

Yobitでの取り扱い通貨はかなり多いです。他の取引所と次元が違うくらい多いです。知らない通貨もめちゃくちゃあります。

こちらから取り扱い通貨一覧をみることができますが、ざっと300種類以上はあります。

YobitはDiceから賭けが出来る

少数点あり1~100の間で、48より下か、52より上かを、BTCを使って賭ける事ができます。49~51の間だと胴元(yobit側)がもっていくという、とんでもないカジノ機能がYobitには付いています。

しかも、他のユーザーがいくらでどちらに賭けたか、そして勝ったのか負けたのかまで分かります。

これは驚愕です・・。

国内の取引所では絶対にありえません。

YobitではInvestBoxからレンディング(貸付け)が出来る

レンディング(貸付)機能はめずらしくありません。海外ではPoloniexなどレンディングできる取引所は沢山あります。

しかし、HIYPE並に利子が高いのです。

Daily10%って、日利10%だよ。

大丈夫なの???って思いました。これも後ほど試してみますので、お楽しみに。

Yobitの登録手順

怪しいYobitですが、ちゃんとBTCのハードフォークの新通貨は、いち早く配っているので、ちゃんと稼働しているようです。全額預けるのは危ないですが、まあ、海外のギャンブル的な取引所として、1つもっておこうかなという感じで登録してみました。

Registerから登録

下記より、Yobitのトップページを開きます。

 

言語は、英語、ロシア語、中国語のみです。

絶え間なく更新かかっているので、Chromeなどについているブラウザの自動翻訳すると、高確率で落ちます。なので、英語で取引するしかありません。

 

トップページを開いたら右上の「Registration」をクリックします。

 

必要事項を入力してRegsterボタンを押す

REGISTRATION(登録)画面が表示したら、Loginに英数字で自分が決めたログインIDを入力し、メールアドレス、パスワードを入力してチェックをして、「Regster」ボタンを押します。

メールアドレスに半角ドットが入っている場合エラーになります

この時、メールアドレスの@より前に半角のドット「.」が入っていると登録出来ません。

ドットを抜いて入力してくれってメッセージがでますが、そもそもそのアドレスだとメールアドレスが変わるので届きません。

別のメールアドレスを使いましょう。

メールを確認

Yobit-Registration」というメールタイトルで届きます。中に書いてあるURLをクリックします。

 

Yobitの2段階認証

ログインしたら2段階認証を真っ先に行う

ログインすると、以下のようなポップアップが表示されます。「switch on」をクリックしてください。2段階認証を設定します。

海外の取引所なので、自分のためにも必ずやっておいたほうがよいです。

「Google Authenicator」アプリを使って二段階認証

2段階認証には、スマホのGoogle Authenicatorアプリを使います。はじめに、スマホから2段階認証のアプリをインストールしておきます。iPhoneはAppStoreから。Androidの方は、GooglePlayから無料でインストール出来ます。アプリのストアから「Google Autheniticator」で検索してインストールしてください。

 

立ち上げたら、「バーコードをスキャン」を選択します。

 

ここまでの手順を行うと、Yobitは、以下の画面になっていると思います。

Yobit二段階認証の方法

 

ちょっと拡大して詳しく説明します。

  1. SecretKeyはコピペして別で保管しておいてください。スマホ買い替え持など復元の時に使います。
  2. スマホアプリのGoogleAuthenticatorでYobit側のQRコードをスキャン
  3. Yobit側のAuthentication codeの欄に入力

 

下記のバーコード部分を、さきほどのスマホでGoogle Authenticatorの「バーコードをスキャンする」から読み取ります。表示した数字6桁を、Yobitの「Authentication Code(2fa)」の箇所に入力して、「Enable」を押して下さい。

 

画面が下記のようになったらOKです。

これでYobotの登録は完了です。

 

Yobitの使い方

Yobitへの送金方法

まず手持ちの国内のウォレットから送金します。BTCを送金してみました。

私はBitpieというスマホのウォレットから送金したら10分くらいで着金しました。CoinCheckだと1日くらいかかります。

この取引所の特性から、あまり大金を送るのは危ないと思ったので、1万円分送ってみました。初めての取引所は少額から始めることをおすすめします。

Yobitでの買い方

Yobitは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、DogeCoin(DOGE)、Waves Community Token (WAVES)で他の通貨を購入可能です。

無難なのは、ビットコインとイーサリアムでしょうかね。

 

私はビットコインをYobitに送ったので、ビットコインで他の通貨を購入した手順を書いてみます。

左サイドバーより「BTC」を選んで、購入した通貨を選びます。Amountに、いくら購入するか購入する通貨の単位を入力します。あとはBuyを押します。

手数料は、0.2%かかります。

 

約定しても、すぐには反映しません。

しばらく時間がかかります。

 

しばらくたつと、左下に「Orders Completed」という表示がでます。

 

Yobitでレンディングする手順

Yobitに自分の仮想通貨を貸して、その利息を得るという機能があります。Yobitの最も使ってみたい機能です。

これは、メニューの「InvestBox」から行います。

初めてなので、表が書いてある中から選んでみました。

表に書いてある意味は以下のとおりです。

  • Percent:利息
  • Period:期間
  • MinInv:最小投資額(その通貨)
  • MaxInv:最大投資額(その通貨)

普通に考えると、かなり高い利息です。

私は、さっき買ったECO(エココイン)を投資しました。

少ない金額で、高い利息が欲しいので、ECO(ECO COIN)を最初に購入して、これに投入したわけです。

 

Invest」ボタンを押して下記のようになったら成功です。あとは放ったらかしで利息が得られます。

矢野テック
どのくらい儲かったかは、またレポートします。

 

Yobitでのレンディング結果

こちらの記事にまとめました。取引所に通貨がなくなると、「No Coin」と表示しますし、思った以上に正直です。

Yobitトップページ
Yobit(ヨービット)の複利で投資できるInvestBoxがやばい!日利11%のプランをやってみた

Yobit(ヨービット)にちょっと、はまりそうになりつつあります。取引所として普通に使えますが、他と違って、取引所に貸す事ができ、Yobitは複利で、しかも日利で再投資しながら運用可能です。 一般的にはレンディングという呼び方をしますが、他にも似たようなところがありますが、ちょっとYobitはヤバすぎです。ちょっとやってみたので、記事にまとめてみます。 この記事の目次1 はじめに:矢野テックからの...

続きを読む

続きを見る

 

BTC, ETH, DOGE, LTC, DASH, WAVES, BTGでの利息を得るにはDiceゲームをする必要あり

ところで、赤字の注意書きが気になりますよね。

以下のような内容がかかれています。

ニュース
BTC、ETH、DOGE、LTC、DASH、WAVE、BTGのInvestBox Paymentsを取得するには、これらのコインで1日最低5回のダイスゲームをプレーする必要があります。 ここをクリック:PLAY DICE

なるほど・・。

だからみんなサイコロゲームやってるわけですね。

Yobitのダイスゲームやってみた

僕はECOコイン選んだので必要ないのですが、サイコロゲームがどんなものかやってみました。

ルールは以下のとおり

  • Roll<48(48より下でBet)
  • Roll>52(52より上でBet)
  • 49~51の間:強制的に負け(胴元がもっていく)

勝つと、賭けた金額がもらえます。

Show my bets only」をチェックすると、自分のBet(賭け)だけが表示されます。僕は100円だけ賭けてみました。

5回やって2勝

まあ、こんなものですかね。

 

Yobitはリスクがあるという前提で割り切って使う

こういうグレーな取引所は、僕的には好きです。

とくにレンディングできるのは魅力的です。複利で増えます。

ただ、いつまで運営しているのか分からないので、投資額を増やすのはリスクありますね。

 

メインではなく、サブで割り切って使う事をおすすめします。

 

Yobit(ヨービット)を使ってみる

Yobitトップページ

 

Yobitのアフィリエイト方法

他の方に紹介したい場合は、メニューからIDの箇所をクリックして、「Affiliate」をクリックします。表示されたYour referal Linksが貴方のアフィリエイトコードです。

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-仮想通貨取引所
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.