草コイン $PAC(パックコイン)

PAC(Paccoin/パックコイン)の買い方、おすすめ取引所

投稿日:2018年1月3日 更新日:

PACは2018/3/1にPACCoinから、$PACにハードフォークしました。まったく別の通貨に生まれ変わりました。

それに合わせて、記事も大幅に修正しました。

買い方含めて、分かりやすいように図解で買い方をまとめたのでご参考ください。

$PACとは?

旧PACが、PACCoinと呼ばれていましたが、新$PACをPACCoreと呼ぶ事もあります。

取引所では、PACの表記のままのになっているところがほとんどですが、ハードフォーク後は、旧PACCoinの取り扱いはなくなったので、事実上PAC=$PACです。

$PAC公式ページ

公式ページには、あたらしい$PACのホワイトペーパーも出ています。

ロードマップや今後、どう動くのかも詳細に書かれているので、英語ですが一読しておきましょう。

POSについて

PACもPoSマイニング可能なようなので、詳細まとめたら記事書きますね。

ホワイトペーパーにも書かれていますが、$PACに変わった事で、POSが無くなりました。

50万枚保有している人のみマスターノードを立てる事ができますが、一般のPOSは出来ません。

PACの今後の上場予定

PACでは有名な、きなこさんがまとめてます。

ものすごい数の取引所に上場予定です。

それだけ出来高が増える事を意味します。楽しみです。

$PACの時価総額と現在の価格

フォーク後、価格は切り上がりましたが、その後、下落続きで相対的な価値としては大きく下がりました。

まだロードマップのハードフォークしか実施されていない状態なので、まだ評価するのは早いです。

 

PACが上場している取引所

クリプトカレンシーでみてみると、取引所は以下のとおりです。

出来高(Volume)が多いところがおすすめ。少ないと、売りたくても売れません。この記事を書いている段階では、候補はCryptopiaかYobito。

 

PACを購入するためのおすすめ取引所

海外の取引所のなかで、どこがおすすめなのかをレビューします。

ふつうに考えると出来高が高いCryptopiaなのですが、Cryptopiaは操作が複雑で、僕のところにはCryptopiaについて初心者さんからの質問が頻繁に来ています。

ここで紹介すると、大変なことになる気がしたので、操作の単純さから、以下の取引所がおすすめしたいと思います。

Yobit(ヨービット)

Yobitトップページ

Invest(貸付)で利息が増える機能があったりと、取引所のなかでも若干グレーな色が強いYobitです。危ないという方も多いですが、僕はかなり気に入って使ってます。本人確認書類の提出が不要で、アカウント登録後、すぐに使うことができます。操作がシンプルなのも特長です。

Yobitの登録方法

Yobitの登録方法については下記記事にて、図解でまとめました。全て英語で行いますが、この通りに行えば大丈夫です。

Yobitトップページ
Yobit(ヨービット)の登録方法と使い方&レンディング方法、アフィリエイトの方法

前々から気になっていた海外の仮想通貨取引所Yobit(ヨービット)。前々から気になっていましたが、思い切って使ってみました。 この記事の目次1 矢野テックのYobitへの評価2 Yobitの特長2.1 Yobitでの取り扱い通貨2.2 YobitはDiceから賭けが出来る2.3 YobitではInvestBoxからレンディング(貸付け)が出来る3 Yobitの登録手順3.1 Registerから登...

続きを読む

続きを見る

 

YobitのウォレットにBTCかETHかDOGEを送金しておく

Yobitの仮想通貨は日本円では買えません。BTC建て、もしくはETH建てDOGE建て他の通貨を買う形になります。

ウォレットの入金方法は、上部メニューより「wallets」をクリックして、入金したい通貨の「Deposit」を選択します。

 

表示したアドレスをコピペして、このアドレスに送金してください。

この時、「Obtain new address」は押さないでください。アドレスが変わってしまいます。

 

$PACの買い方

Yobitに登録済みの前提でお話をすすめていきますね。

PACを実際にどうやって購入するのか説明します。

Marketから購入

Yobitにログインしたら、左サイドバーのMarketから取引き可能です。

まずは、どの基軸通貨で購入するかを選びます。

BTC建てで$PACを購入

旧PACから価格が切り上がったので、以前ならDOGE建てで買う必要がありましたが、BTC建てで十分購入できます(むしろこっちの方が出来高が上)。

左サイドバーより「BTC」⇒「PAC」を選びます。

YobitではPACと表示されていますが、このPACは$PACの事です。

旧コインではありませんので、ご安心ください。

 

あとは、SellOrderから価格を見て購入しましょう。

Yobitは売り板、買い板で取引されています。

この価格で売りたい人と、買いたい人がいて成り立っています。いくらで買えるという定額できまっているわけではありません。

 

チャートを読む力が未熟なうちや、まだ慣れていない方は、成行きで買ってみましょう。

Price部分の一番上が売値で一番安い価格です。それをクリックすると、BUYのPriceに入ります。

数量を入れると、手数料を差し引いたトータルが自動的に入ります。

調整して、Buyボタンを押して下さい。

これで完了です。

 

売り板、買い板がよく分からない方

質問が多いので、分かりやすく記事にまとめました。分からない方は必ずご覧ください。

仮想通貨での売り板と買い板とは?

僕のブログの記事が増えるにつれて、だんだんコメントが増えてきましたが。結構多くてびっくりしたのが、「売れません」という質問です。   よくよく聞いてみると、法外な値段で指している。「売り板」と「買い板」が分かっていない方が多かったのです。   板がが分かっていないと売買が成立するはずがありません。   それが一人だけじゃなくて、頻繁に質問がくるほど。 毎回説明するのも...

続きを読む

続きを見る

 

追記:まだ旧PACCoinを所持している方

2018/3/1にハードフォークし、新$PACへと生まれ変わりました。旧と新では互換性がありません。そのまま送るとGOXします

この記事を読んでいる方で、デスクトップウォレットに旧PACコインを持っている方は、償還(しょうかん)作業が必要です。

下記記事にまとめたのでご参考ください。期限があるのでお早めに

$PAC
PAC(パックコイン)から新$PACへのハードフォーク移行手順(償還方法)

PACがハードフォークすることによって$PACになります。 小出しに情報を出していた公式サイトから、ついに移行手順が提示されました。 2月下旬にまとめようと思ったのですが、質問やDMが多すぎるので、前もって記事を書くことにしました。 実施できるのは3/1からって書いてたんですが、試しにやってみたら$PACに換金出来ました。どうやらもう出来るっぽい。 手順書きましたが、正式には3/1からなので、自己...

続きを読む

続きを見る

 

$PACをYobitで購入してみる

Yobitトップページ

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-草コイン, $PAC(パックコイン)
-

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.