ウォレット

DigitalBitbox(デジタルビットボックス/ハードウェアウォレット)購入レビューとERC20トークン保存手順

投稿日:

ERC20トークンも保存できるハードウェアウォレットDigitalBitbox(デジタルビットボックス)を購入してみました。

NOAH(ノアコイン)のために買おうと思っている方も多いと思います。

BTCは簡単なのですが、思ったよりもERC20トークンの管理は難しかったです。

レビューして図解で説明してみましたので、ご参考ください。

DigitalBitbox(デジタルビットボックス)の特徴

他のハードウェアウォレットと何が違うのかポイントをまとめてみました。

  • 金融先進国スイスで開発「shift devices」社製
  • 秘密鍵(リカバリーフレーズ)はメモしなくてよい。MicroSDに自動保存
  • 日本語取り扱い説明書つき
  • 他社ハードウェウォレットと比べると操作が簡単
  • 第三者からの脅迫対策もある(隠しウォレット)
  • ERC20トークンが保管できる

対応通貨

  • BTC
  • ETH
  • ETC
  • LTC
  • ERC20トークン(NOAH、TRX、VEN、ICX、OMG、BNB、他)

ERC20トークンは、あまりに種類が多すぎて全て書くのは不可能です。

どんな通貨が対応しているのか知りたい方は、こちらのサイトでみると参考になるかと思います。

⇒ Etherscan

 

DigitalBitbox(デジタルビットボックス)の購入方法

公式ページは英語のみ。

 

購入はAmazonをおすすめします。

日本語取り扱い説明書が付いているからです。これがないと、正確に操作するのは難しいです。

なお、セキュリティの問題から、ヤフオク、メルカリなど第三者からの購入は避けましょう。

公式代理店からの購入がベストです。

 

DigitalBitbox(デジタルビットボックス)の開封&初期設定

開封すると、日本語取り扱い説明書と、梱包された本体が、入ってます。

 

箱を開封すると、ハードウェアウォレット本体と、2GBのMicroSDカードが入ってます。

digital bitbox

 

セッティングは簡単です。

まず、MicroSDカードを横から指します。向きに注意!。

 

しっかり奥まで差し込みます。

 

あとはパソコンのUSBポートへ差し込みます。

 

Digital BitboxでBTC(ビットコイン)を扱う場合

日本語取り扱い説明書の完成度が高く分かりやすいので、この通りに行えば簡単です。

 

 

Digital BitboxでERC20トークンを扱う場合の手順

説明書は書いてますが、文字だけですし、すでに分かっている方は理解できますが、初心者には難しいと感じました。

躓くであろうポイントが結構あるので、図解で解説してみます。

NOAHコインをハードウェアウォレットに保存する手順

ERC20トークンのなかでも、おそらく需要が多いと思うNOAHコインを例にしてみます。

(NOAHを各コインに変えてやって頂ければ手順は同じです)

 

パソコンのUSBにハードウェアウォレットを差して以下の手順を行って区ださい。

デスクトップウォレットインストール

デスクトップウォレットソフトをインストールします。これは、ERC20は対応していませんが、パスワードを設定するために必要になります。

 

ウォレットネームとパスワード設定

インストール後、ウォレット名とパスワードを設定します。

ウォレット名は日本語は使わない方が無難です。

使えるかどうかは試していませんが、日本語と英語では文字コードが違うので、英数字が無難ですね。

 

僕は、MyWalletとしました。

また、パスワードは忘れると引き出せなくなるので、メモしておくことをおすすめします。厳重に管理してください。

入力したら、「Submit」ボタンを押します。

 

MEW(MyEtherWallet)へアクセスする

マイイーサウォレットを使います。下記をクリックします。

 

Digital Bitboxにチェックをして、さきほど設定したパスワードを入力し、「Connect your Digital Bitbox

 

Select HD derivation pathの選択、ウォレットアドレスの選択

下記のように選んで「Unlock your Wallet」をクリックします。

何十個もアドレスがあり、それぞれに毎にETH&ERC20が使えるというような感じです。

何ページも先のアドレスを使うと、わけがわからなくなるので、一番上をまずは使いましょう。

 

MyEtherWalletへのログイン

表示される、アドレスが共通アドレスです。

マイイーサウォレットは、ETH、NOAHやTRX含めたERC20トークンすべて、1つのアドレスで管理されます。

このアドレスに送金すればよいわけですが、その前にやることがあります。

 

ERC20トークン情報を追加

Show All Tokensを開くと、一覧がみれるわけですが、すべて入っているわけではありません。

NOAHもありません。無い場合は、自分で追加する必要があります。

Add Custom Token」をクリックします。

 

通貨ごとに異なるトークン情報、ContactAddressTokenSymbolDecimalsを入力する必要があります。

 

これらの情報は下記サイトで確認できます。

 

表示したら、検索窓に、目的のトークン名を入れて検索します。

 

必要となる情報は、「Contract」「Symbol」「Decimals」の箇所です。トークンごとに異なります。

 

必要情報を入力して、Saveしたのち

Show All Balances」をクリックすると以下のように追加されます。

表示されますが、クリックしては駄目です。

クリックしたくなるんですけどね、クリックすると削除されます

もう一度同じ手順で追加されますが、入金後に削除した場合は、戻るかわかりません。

矢野テック
特に入金後は、絶対に押しちゃダメです。

コメントで消えましたってコメントもらうのですが、もはや僕にはどうしようも出来ません。。

 

マイイーサウォレットへ送金する

HitBTCからNOAHコインを送金する事を例に説明します。

購入方法は、こちらの記事にまとめたのでご参考ください。

HitBTC
HitBTCの登録方法と使い方、売買方法

ノアコインや、今度上場する予定のBNKのために、HitBTCに登録しました。 結構、操作が難しく、かなり癖が強いです。 ちゃんと売買できるようになるまで、かなり時間がかかりました。 出来るだけ分かりやすいように説明したので、ご参考ください。 この記事の目次1 HitBTCについて2 HitBTCの登録の仕方2.1 HitBTCトップページからRegister2.2 メール確認2.3 一般設定2.4...

続きを読む

続きを見る

 

HitBTCは、取引アカウントからメインアカウントに振替して、引き出せます。購入の際と逆の作業ですね。

 

引き出す際のアドレスは、MEW(マイイーサウォレット)の共通アドレスをコピペします。

あとは引き出したい金額を入れて、二段階認証コードを入力して、「引き出し」ボタンを押します。最初は低い金額でテストすることをおすすめします。

出金時のメール認証が終われば、あとは待つだけですが、

NOAHコイン、送金手数料めっちゃ高いのにビビった・・・。高すぎやろ。。

矢野テック
ERC20トークンは、結構時間がかかります。

すぐに着金するわけじゃないので、気長に待ちましょう。

 

DigitalBitboxを使ってみた感想と評価

  • ハードウェアウォレット自体の操作が不要なので簡単
  • 外見がちょっと安っぽいのが残念
  • キャップがないので保管の際、剥き出しの端子が心配
  • MicroSDカードを差すと横の出っ張りが気になる(縦に差し込めればよかった)
  • マイイーサウォレットとの連携が簡単
  • マイイーサウォレットの操作は慣れる必要あり
  • MicroSDカードは無くすと復旧不可能なので注意!

主に外見で気になる点は多々ありますが、総じて大満足です。

本体の操作が不要なので、他のハードウェアウォレットに比べると、かなり使いやすいです。

秘密鍵のフレーズをメモしなくてよいのは、本当にありがたい。

 

マイイーサウォレットとの連携は慣れは必要ですが、慣れるととっても楽です。

ERC20トークンをハードウェアウォレットに保管したい方は、ぜひ購入しましょう。

DigitalBitbox

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-ウォレット
-, ,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.