MT4でRVI(相対活力指数)の攻略のコツは2つの他のオシレーター系指標チェックと異なる時間軸も見る

この1ヶ月ほど、RVI(相対活力指数)を使ったEA作成を続けています。ようやく、ある程度の利益が見込めるものが出来つつあります。内容をまとめてみます。

RVI(相対活力指数)とは

RSIは、Relative Vigor Indexの略で、相対活力指数と訳され、RSIを応用した分析手法です。

ボラティリティの増減と、逆張りのその転換点が分かります。

作成中のRVI使ったEA基本アルゴリズム

こちらの記事にまとめました。

【MT4のEA作成】RVIでのゴールデンクロス、デッドクロスでボラティリティをチェックした売買プログラムが出来た
MT4サンプルコード公開してます。RVIは相場のボラティリティが拡大しているか、縮小しているかの判断で使われる指数です。RVIのルールを把握した上でアルゴリズムを組むとだけで、それなりに勝てますw。
矢野テック
矢野テック

この記事のソースは基本アルゴリズムだけで、このままだと利益は見込めません。

やってみた分かったRVIでの順張りは難しい

RVIの基本は、RVIかシグナルが、センターの0を越えるか否かで、ロング(買いから入る)かショート(売りから入る)か判定できます。

RVIの順張り、ショート、ロング

簡単じゃんと思ったんですけどね。

 

ところが、こんなに分かりやすいケースは稀で、以下のようなケースもあるんです。

矢野テック
矢野テック

ロングのエントリータイミングが、ちょうど天井。損切りせざるを得ません。こんなんばっかりなんです。

逆張りはメインとシグナルのクロスで判断

順張りは、あれこれ試してみたのですが、どうも損ばかりします。

なかなか難しいので、逆張りを狙いました。

 

逆張りの基本ルールは、メインとシグナルのクロスです。ゴールデンクロスでロング、デッドクロスでショート。

ところが、これだけだと騙しも多数発生するし、利益が全く見込めない。

クロスの位置をチェックする

ゴールデンクロス、デッドクロスの位置のチェックは必須です。

0近くのクロスは避ける

RVIのセンターラインは0なのですが、0近辺のクロスでの売買は難しいです。

ほとんど値動きないので、損するケースばかり。

数値が高いほど値動きがある=信頼度が高い

波形の山が高いほど、値動きがあります。例えば、以下のケースでは赤丸の箇所がエントリーポイント。他のクロスではスルー。

矢野テック
矢野テック

USDJPYだとRVI7日の設定で、±0.2くらいで判断すると良い結果になりました。

複数の時間軸をみて判断する

もう1つ重要なのが、複数の時間軸をみると、負けタイミングの無駄なエントリー数は減りました。

15分足での売買でも、1時間足もチェックするみたいな事です。

矢野テック
矢野テック

これは結構重要かも

ロングのタイミングでも他の時間軸では下落トレンドのときも

例えば、USDJPYの15分足で、以下のようなタイミングだったとします。

これはショートのエントリータイミングです。

 

ところが、1時間足で丁度同じ時刻は、上昇トレンドです。ここでショートでエントリーしては駄目なタイミングというのが分かります。

こんな感じで、複数の時間軸をチェックすると、不要なエントリーが削ることができました。

同時に複数のオシレーター系指標をチェックする

さらに、複数のオシレーター系指標もチェックすると、勝率が上がりました。

CCIをチェック

CCI(Commodity Channel Index)は、海外ではメジャーなオシレーター系指標ですが、日本ではかなりマイナーです。でも、かなり使えるんですよ。

 

売買の判断の基準となるのが±100%という値です。

+100を超えていれば、売りサイン。-100%を超えていれば、買いサインです。

 

これに、RVIがクロスした時にCCIの数値をチェックすると、高確率で勝てます。

CCIの±100

矢野テック
矢野テック

僕は±110で判定してます。±100だと騙しが多いんですよ。

ボリンジャーバンドのチェック

ボリンジャーバンドの±3σ、もしくは、2σのラインにタッチしたかどうかをチェックすると、さらに信頼度アップ!。

±2σだと、ライン上を舐めるようにチャートが動くバンドウォークが発生する事もあるので、±3σの方が、ほぼ確実です。

ここまでの内容をMQL4でEAを作成してみた結果

RVI時間軸1つだけで売買判断すると、散々な結果になるんですが、ここまでの内容を全部盛り込んでEAを作成してみました。

 

バックテスト(1年間)の結果は以下のようになりました。

ロット数0.02でテスト

  • 純利益100.77$
  • 総取引数127回
  • 最大ドローダウン59.32$
  • 勝率88.89%
  • 負率17.32%
  • 連勝14、連敗3
矢野テック
矢野テック

すげー!!かなり良い結果にびっくり!。もう少し煮詰めればかなり儲かるEAに化けそう。また、ご報告します。

MT4でのEAの作り方

MT4っていいなーって思います。この記事で挙げたRVI、CCI、ボリンジャーバンドはMT4専用のプログラム言語のMQL4だと関数1つで簡単に数値が呼び出せます。超簡単。

 

もし、EA作ってみたいなーと思った方は、基本的な作り方を、以下の記事にまとめたのでご参考ください。

MT4(MQL4)の基礎的なEAの作り方!初心者でも分かるよう図解解説
プログラムが分からなくてもOK。MT4のプログラム言語MQL4の初心者向け、EAの作り方を図解で解説してみました。

 

コメント