MT4・MT5

MT5の背景色とローソク色の変更方法

投稿日:

仮想通貨でもメタトレーダーでチャートを見たくて、XMTradingのMT5を使うようになりました。

MT5も、MT4と同じく自分好みにカスタマイズが出来ます。この記事では、背景色、ローソク色など細かな色設定のやり方についてまとめてみました。

XMTradingのダウンロードとインストール方法

XMTradingのダウンロードはこちらから。MT5のみ、仮想通貨(BTC、ETH、XRP、DSH、LTC)に対応しています。

XMTrading

インストール方法は、こちらの記事にまとめました。

デフォルト設定は結構見づらい

好みがあるとは思いますが、自分はちょっと背景色の黒色が馴染めません。

FXでは白が多いので、それに慣れた自分は、背景色白にしようと思います。仮想通貨の取引所では背景色黒が多いので、違和感なく使えるようでしたら、そのままでも良いと思います。

変更はチャート⇒プロパティから

メニューバーから「チャート」⇒「プロパティ」を選択します。

 

チャート背景色白、ローソク色(白&黒)

プロパティが表示したら、「カラー」タブをクリックしたら、変更できます。

私は基本配色は使わずに、以下のような設定で使ってます。グリッドはあまり黒が強すぎると色んなテクニカルチャートの線と重なり見づらいので、なるべく薄いほうが良いです。

一杯設定しないといけなくて、うわって思うかもしれませんが、以下だけでも設定すれば、シンプルな配色になります。

  • 背景色:White
  • 前景色:Black
  • グリッド:LightGray
  • 上昇バー:Black
  • 加工バー:Black
  • 上昇ローソク足:White
  • 下降ローソク足:Black

あまりカラフルにしすぎると、この後、テクニカルチャートを沢山重ねたときに、ごちゃごちゃしてとても見づらくなります。

なるべくシンプルな配色の方が見やすいと思います。

 

色の設定が完了したら保存しよう

必ずやっておいてほしいのが、色の設定が完了したら定形チャートとして保存しておきましょう。

そうしないと、チャートを閉じると、次からデフォルトの色設定に戻ってしまうからです。

 

メニューより「チャート」⇒「定形チャート」⇒「定形チャートの保存」を選択します。

 

名前は自分が分かれば何でも良いです。ファイルの拡張子は、tplのファイルで保存されます。

 

新しいチャートは定形チャートの読み込みで

新しいチャートを開くと、また初期設定の背景黒のバーチャートで表示します。

 

定形チャートを保存していないと、また1から色設定をやり直ししないといけませんが、さきほど保存したので、それを読みこんでみます。

 

チャート」⇒「定形チャート」⇒「定形チャートの読み込み」を選択します。

 

これで先ほど保存したファイルを選択して、読みこんで下さい。

この作業は、新しいチャートを開く度に行います。

Google Adsence レクタングル大

Google Adsence レクタングル大

-MT4・MT5
-

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.