ビットコインは500万台に戻る。1時間足の200本MA越えて上昇トレンドへ

ビットコインは久しぶりに500万円台に戻りました。1時間足を見ると、要因がよくわかります。

ビットコインの1時間足

チャートの形状が重要。パターン化されて、だいたいその通りの動きになります。

昨日も同じ形状でした。昨日の記事に書いたように、上抜けしました。

ビットコインは490万円台に戻る。1時間足の上昇トレンドにやっと乗ったか
ここのとこ、下降トレンド真っ只中だったビットコインでしたが、ようやく底を転じそうです。結局は、クジラの動きに注視することが重要ですね。 ビットコインのチャート分析 15分足と1時間足をみて、分析してみます。1時間足でみると、大口の動きがよくわかります。 15分足 ビットコインは15分足でみると上昇トレンド入ったばかりだったので、また下降トレンド戻るかなという動きをしていましたが、大口のおか...

200本SMA(単純移動平均線)を越えた

予想を大きく上回り、200本MAまで突き抜けました。

200本MAはトレンドの転換と言われる重要な抵抗線です。それを大口のパワーで上抜けさせました。

この際に20本、40本、60本の移動平均線が順番に並び、上昇トレンドが形成されました。

200本は一旦抜けると、今度はかなり大きな支持線になるので、ここから急落するのはしばらくないんじゃないかと思ってます。

気になるのはショート勢が増えてる

ずっと上昇トレンドかというと、そうでもなくて、心配な事はあります。

以下のロング、ショート比率が分かるサイトで見てみると、1時間足以上の長い時間軸では、まだショート比率が多いです。

Bitcoin Longs vs Shorts-Bitcoin Longs vs Shorts Chart-Coinglass
Bitcoin longs vs shorts ratio refers to the comparison between the exchange's active buying volume and active selling volume, which can reflect the sentiment of...

マジかと思いました。確かに4時間足以上では、まだ下降トレンドのさなか。いや、むしろ、戻り売りのタイミング。

そういうこともあって、まだショート比率が多いのでしょう。

短期的には上だと思う

長期でみると、下落もあるかなというチャートですが、短期でみると、もう少し上がるかな。

ここからは、4時間足とか週足もチェックした方が良いです。そこで天井打って、調整が入るかと思います。

コメント