MT4・MT5

MT5でMACDの設定方法とライン表示に変更する方法

投稿日:

MACD(マックディー)は、MT5で簡単に使えます。でも、デフォルトのままだと、微妙に見づらいんですよね。変更する方法と、おすすめの設定値について解説してみました。

MACDとは何?

MACDは、Moving Average Convergence Diivergenceの略です。

MACDは、短期指数平滑移動平均線(EMA)と長期指数平滑移動平均線(EMA)の2本のEMAの期間の移動平均の差を利用したテクニカル指標です。

MACDのおすすめの設定値

MACDの設定値は決まっています。主に、EMAは12と26、シグナルの平均期間は9を使います。

  • 短期EMA:12
  • 長期EMA:26
  • シグナル平均期間:9

MT5でのMACD導入方法

メニューより、「挿入」⇒「インディケータ」⇒「オシレーター」⇒「MACD」を選択します。

 

数値はそのままでOKです。MACDでの基本となる設定値があらかじめ入っているので、そのまま。

 

MT5のMACDはヒストグラム表示

FXの書籍でみるMACDと違う事がわかると思います。

このまま使っても良いのですが、MACDがヒストグラム表示なので、すごく違和感を感じます。

シグナルとクロスしている箇所が見づらいです。どこでクロスしているかが、MACDを使う肝になりますが、このままでは分かりません。

 

ここがMT4、MT5の欠点です。

海外ではこの方が当たり前なのかもしれませんが、日本の書籍のように、線で表示したいですよね。

 

MT5でMACDをヒストグラムからライン(線)に変更する方法

それには少し、MACDのインディケーターを表示するプログラムを修正する必要があります。

プログラムって聞くと敷居が高く聞こえますが、やり方は簡単なので説明します。ただ、ご注意して頂きたいのが、MT4とMT5ではソースコードが違います。ここで説明するのは、MT5です。

Metaエディタを起動する

まず、ソースを修正するため、メタエディタを起動します。メニューから、「ツール」⇒「MetaQuotes言語エディタ」を選びます。

 

MetaEditorが起動したら、左サイドバーより、「Indicators」⇒「Examples」⇒「MACD.mql5」を選びます。

ソースコード修正

修正する箇所は1箇所です。

修正前

DRAW_HISTOGRAMから、DRAW_LINEに変更します。

修正後

めちゃめちゃ簡単です。

 

修正後のソースコード全体

修正後の全体のソースコードも書いておきます。再度、念を押して言いますが、対応しているのはMT5です。

コンパイル

修正したら、コンパイルします。プログラムが書いてあるソースコードは、修正しただけではプログラムに反映しません。

コンパイルして、実行ファイル(mql5)を生成する必要があります。

メニュー部分にある「Compile」ボタンを押すと、コンパイルできます。

簡単な修正なので、何もエラーがでないと思います。

 

修正版のMACDを実行してみる

MT5に戻ります。

実施の前に、さっきのMACDを消しておきます。メニューバーより、「チャート」⇒「インディケータリスト」をクリックします。

 

表示中のインディケータやEAが表示されます。さきほど起動していたMACDを削除します。

 

真っさらなチャートに戻ったら、今修正した修正版MACDを実行してみます。

修正版は、インディケータ⇒カスタムから実行

修正版は実施方法が若干違います。

メニューより「挿入」⇒「インディケータ」⇒「カスタム」⇒「MACD」を選びます。「カスタム」に分類されるのでご注意ください。

 

色の設定は任意。OKをおすと、以下のように表示されます。

断然見やすいです!。雲泥の差です。

MACDとシグナルのゴールデンクロス、デッドクロスが、よく分かるようになりました。

以上になります。

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-MT4・MT5
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.