草コイン

ビットコインレッド(BTCRED)Bitcoin Redの買い方、おすすめの取引所は?

投稿日:2017年12月4日 更新日:

ビットコインレッド(BTCRED)についての情報をまとめてみました。買ってみたい方はご参考ください。

ビットコインレッドとは?

ビットコインの名前がついているので、下位の草コインといえどもかなり気になっていました。

投資対象になり得るのか、まずじっくり調べてみました。

BTCREDの公式HP

ビットコインレッドは草コインなので、公式ホームページは、まずしっかり見ておきたいですね。

 Bitcoin Red 
Bitcoin Red
https://www.bitcoinred.io

ちゃんとしたホームページで、ホワイトペーパーもちゃんとあります^^;

ビットコインレッドの特長

ホームページを見ると以下の事が分かります。

  • 発行枚数2100万枚
  • イーサリアムのプラットフォームを使用
ビットコインとビットコインレッドの関係性は無い

ビットコインという名前が入っているので、ビットコイン系かと思うかもしれませんが、なんとイーサリアムのプラットフォーム!。ビットコインとは全く関係ありません。ビットコインは古いから、新しい技術の取って代わる的な事が書いてましたね^^;

 

BTCREDの時価総額

Cryptocurrency Market Capitalizationsで見てみます。。

時価総額385位。$4,366,820(4億5000万くらい)です

24時間あたりの出来高からみても、150万ドルなので、ちゃんと売買されている通貨ですね。これ結構重要ですよね。流通されていない仮想通貨を買っても何の意味もありません。

 

ビットコインレッドのチャートをみると暴騰率が半端なく高い

チャートをみて驚くのが、その暴騰率です。12月に入って、急激に出来高も増えて伸びています。

 

2017/12/4段階で、1週間の伸び率が526%。数ある草コインの中でも、飛び抜けています。

 

暴騰していますが、1BTCRED当たりが、まだ安いですし、発行枚数も少ない事ですし、買ってみることにしました。

 

ビットコインレッドが上場している取引所

ビットコインレッドは以下の取引所で売買可能です。

  • Yobit.net
  • IDEX
  • COINEXCHANGE

残念ながら、すべて英語です。

 

僕はYobit(ヨービット)で売買してます

Yobitトップページ

上記のなかでは、本人確認書類なく、すぐに使えるのが魅力。慣れると英語でも使いやすいです。

ロシア系の取引所で、上位の仮想通貨だけでなく、草コインを多数取り扱ってます(数百種類)。

取引所への貸付機能もあったりと面白い。ここは、少額でも草コインは買えるので、少ない金額から使うのがおすすめです。

Yobitへの登録方法の日本語解説

全部英語なので、分かりづらいYobitですが、登録方法や機能の説明を図解入りで記事書いてみました。

よかったらご参考ください。

Yobitトップページ
Yobit(ヨービット)の複利で投資できるInvestBoxがやばい!日利11%のプランをやってみた

Yobit(ヨービット)にちょっと、はまりそうになりつつあります。取引所として普通に使えますが、他と違って、取引所に貸す事ができ、Yobitは複利で、しかも日利で再投資しながら運用可能です。 一般的にはレンディングという呼び方をしますが、他にも似たようなところがありますが、ちょっとYobitはヤバすぎです。ちょっとやってみたので、記事にまとめてみます。 この記事の目次1 はじめに:矢野テックからの...

続きを読む

続きを見る

 

Yobitでのビットコインレッドの売買方法

Yobitでの買い方を例に説明すると、Yobitではビットコイン建て、イーサリアム建てで購入可能です。

国内のウォレットから、Yobitへのウォレットに送金して、その通貨建てで購入します。ウォレットへの送金方法は先ほどの記事にまとめたので、そちらを読んでください。

 

ここでは、BTC建てで買う方法を説明します。

売買はメニューバーのTradeから行う

売買は全てメニューバーより、「Trade」をクリックして行います。

次に、左サイドバーのMARKETの直下の水色の「BTC」をクリックします。これで、BTC建ての値段だけが一覧表示します。

項目の説明

  • Amount:購入する通貨の数
  • Price:価格(指値可能)
  • Fee:手数料0.2%
  • Total+Fee:合計金額

価格について

価格は、日本円でもUSDでもありません。

BTCをクリックしたので、BTCでの値段になります。いちいち計算しないといくらか分からないのが難しいところです。

 

上図の場合だと、1BTCRED=0.00003010BTCなので、当日のBTCの価格を調べてそれを掛けます。

2017/12/04時点だと、129万8000円くらいなので

 

1BTCRED=1298000 x 0.00003010 = 39円

というのがわかります。これで購入単位を調整してください。いくらになるかが大体わかります。

 

約定したら

約定すると左下にポップアップが表示して

(※BTCREDのキャプチャ撮り損ねちゃったのでECOで)

 

BALANCESに追加されます

これで完了です。

草コインは、上下が激しくて結構面白いですね。

 

 

慣れたらYobitへの貸付も面白いよ

Yobitで面白いのが貸付け(レンディング)機能があることです。複利で増えていくので、凄まじい破壊力です。操作に慣れたらやってみてもよいかと思います。

Yobitトップページ
Yobit(ヨービット)の複利で投資できるInvestBoxがやばい!日利11%のプランをやってみた

Yobit(ヨービット)にちょっと、はまりそうになりつつあります。取引所として普通に使えますが、他と違って、取引所に貸す事ができ、Yobitは複利で、しかも日利で再投資しながら運用可能です。 一般的にはレンディングという呼び方をしますが、他にも似たようなところがありますが、ちょっとYobitはヤバすぎです。ちょっとやってみたので、記事にまとめてみます。 この記事の目次1 はじめに:矢野テックからの...

続きを読む

続きを見る

 

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-草コイン
-, ,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.