ウォレット

Blockfolio(ブロックフォリオ)アプリ使い方・仮想通貨資産のポートフォリオが分かる

投稿日:

仮想通貨のポートフォリオ管理アプリを探してたら、Blockfolio(ブロックフォリオ)というスマホのアプリが良いというので使ってみました。かなりいいです。超マイナーな草コインまで管理できるので、便利でしたので、記事にしてみました。

Blockfolioの特長

複数の取引所にあずけていて、しかも海外も使っていると、色々な通貨を購入するようになります。一体全体総額いくらなのか分からなくなります。

以下のように、どの通貨がいくらで、総資産いくらかが一目でわかります。草コインも対応しているので、超便利です。

Blockfolioのダウンロード

ダウンロードは以下から出来ます。AppleStore、GooglePlayへの直リンクです。

もしくは、「Blockfolio」でストア内を検索すれば表示します。

BlockInfo

Blockfolioの使い方

言語は英語のみです。英語ですが、分からなくても簡単に使えます。

インストール&起動

インストール完了したら起動します。説明が最初に表示されます(英語)。

 

右にスワイプしてとりあえず全部みて、右下に出ている「→」ボタンをおします。

最初にSetting(設定)

起動したら、最初に設定を行います。右上のマークをクリックして、「Settings」を選択します。

 

基軸通貨設定

ドル表示なので、最初に通貨を設定します。日本円(JPY)も表示可能です。

Currency Settingsを選択

 

JPYを選択します。

所持していない通貨を削除

ポートフォリオなので、持っていない通貨は表示から削除しましょう。

削除したい通貨をタップすると下記のような表示になります。ゴミ箱マークをタップします。

 

Remove Coinの確認が表示するので、「Yes」を押します。削除してもいつでも追加可能ですので安心してください。

所持している仮想通貨の追加

メニューの「+」ボタンから、追加します。通貨の単位を入力するとだいたいの通貨は出てきます。

 

検索窓が上部に表示するので、通貨の略称を入力します。

複数表示しますがJPYは無いです。

BTC建てでOKです。自動で計算して日本円で表示してくれます。

 

「Add Transaction」が表示したら、持っている通貨の数を入力します。価格は、購入時の値段はメモっていないことがおおいので、僕は入力してません^^;

これで追加されます。

 

草コインも追加できます

これは驚きです。BTCRED、BTCO、BTCRYという超マイナーコインまで追加出来ました。

 

BlockfolioではビットコインキャッシュはBCC表記

BitcoinCashは、日本での表記と異なります。BCHで探しても見つからないですよね。海外では、「BCC」の表記が通例のようです。

しかし、BitConnectもBCCなので、両方持っている方は以下のようになります。

 

ICO銘柄は表示しない

ICO段階の通貨は表示しませんでした。

BNKも管理できるかなーと思ったのですが、駄目でした。

 

Blockfolioの見方

見方は以下のとおり。Total PortFolio Valueにポートフォリオ総資産が表示されます。K=10の3乗、M=10の6乗です。つまり、下記は11万7770円になります。前日比が右側に表示されるので、すごく便利です。

 

10万から始めたので、ちょっと増えました。

厳密に言えば、一番最初に、HYIPに手を出して、そこに手を出した瞬間に閉鎖したので、大損から元に戻ってきたという感じです^^;

 

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-ウォレット
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.