草コイン

Monaco(モナココイン)MCOの買い方、購入可能なおすすめ取引所

投稿日:2017年12月11日 更新日:

Monaco(モナココイン)を買ってみたのですがなかなか将来性が良さそうです。海外の取引所を使わないと購入できないので、初心者の方には購入のハードルが高そうに思えたので、買い方をまとめてみました。ご参考ください。

Monaco(MCO)とは?

Monaco公式ページ

Monaco(モナココイン)はクレジットカード(VISA/デビットカード)と連携していて、モナコアプリを使って購入する形になり、購入金額の2%をMCOでキャッシュバックできるしくみがあるそうです。手数料は無料。

Monaco(MCO)の時価総額と現在の価格

モナココインの時価総額順位と、現在の価格は以下のとおり(常に最新が出ています)

徐々に徐々にじわじわ上がっています。

同じように仮想通貨とクレジットカードとの連携している通貨は、TENXやバンクエラなどありますが、いずれも人気です。

早めに仕込んでおくといいですよね。

Monaco(MCO)の取引量

2017/12/11段階で以下のとおり。5,300億ドル、かなりの取引量です。

MCO取引量

Monaco(モナココイン)が上場している取引所

クリプトカレンシーでみてみると、取引所は以下のとおり。実に多彩です。

MCO取引所

海外の有名所は、だいたいカバーしている感じです。

残念ながら、日本の取引所ではどこも取り扱っていません。

Monaco(MCO)のおすすめ取引所

たくさんある海外の取引所のなかで、どこがおすすめなのかをレビューします。当ブログでは以下の取引所をおすすめします。

Binance(バイナンス)

Binance バイナンス

数ある海外の取引所のなかで、本当にめずらしい日本語対応です。日本語で対応しているというだけで、心強いです。英語がさっぱりわからない方でも問題なく普通に使えます。

また、本人確認書類の提出が不要で、アカウント登録後、すぐに使うことができます。これは非常に大きいです。

Binanceの登録方法

Binanceの登録方法については下記記事にて、図解でまとめました。海外の取引所への登録で不安な方も安心してご登録ください。

Binance バイナンス
Binance(バイナンス)の登録方法と使い方、アフィリエイト方法

バイナンスの登録方法について図解マニュアルを作成してみました。 海外の取引所ではありますが、唯一?といってもよい日本語対応です。 この記事の目次1 Binanceについて2 Binanceの登録手順2.1 「登録を」クリック2.1.1 Binanceをスマホから登録したい場合2.2 メールアドレス&パスワードを入力して登録2.2.1 登録時に使用するメールアドレスについて2.2.2 パスワードの注...

続きを読む

続きを見る

Monaco(モナココイン)の買い方

Binanceに登録済みの前提でお話をすすめていきますね。

ログインしたら、取引センターから行います。スタンダードとアドバンス2つから選べますが、細かいチャートが使えるか否かの違いです。自分は、テクニカルチャートが使えるアドバンスモードが好きなので、「アドバンス」を使っています。

BinanceのウォレットにBTCかETHを送金しておく

Binanceの仮想通貨は、日本円では買えません。

 

BTC建て、もしくはETH建てで他の通貨を買う形になります。国内の取引所からBinanceのウォレットへ送金しておきます。

 

ウォレットの入金方法は、メニューより「資産」⇒「預金の引き出し」を選択します。

 

「預金」ボタンを押すと、BTCのウォレットのアドレスが表示しますので、これをコピーして国内のBTCウォレットから送って下さい。

ビットコインキャッシュを送る場合は注意

ビットコインキャッシュは、日本国内ではどの取引所でも、BCHで表記されています。

しかし、海外ではBCCという表記が多いです。しかし、BCCはBitConnectもBCCで表記するため、BCCは2つ存在していることになって、結構ややこしいです。送金先を間違えると戻ってこないのが仮想通貨なので、リスクがあるので、出来るだけ一般的なBTC、ETHで送ることをおすすめします。

その他通貨で送った場合は、BTC建て、ETH建てで他の通貨を購入するため、一旦売却してBTCを得る必要があります。

 

通貨ペアでMCOを選ぶ

トレードは、メニューより、「取引センター」⇒「アドバンス」を選択してください。

ベーシックモードもありますが、Binanceの醍醐味はアドバンスモードでの取引です。

国内の取引所にはない、テクニカルチャートが使えるのでとても便利なんです。

 

購入は、購入で使用する通貨(ここではBTC)を選択し、市場の欄から、購入したい通貨を選びます。

MCOバイナンス

あとは数量と値段(指値可能)を入力して、「購入」ボタンを押してください。

これで完了です。

テクニカルチャートを使う

Binanceの醍醐味はテクニカルチャートです。よく分からない方は、FXの書籍を読んで頂くことをおすすめします。全てのテクニカルチャートを理解していなくても、一部だけでも知っていればトレードに有利です(市場心理で、そう動くので)。

 

例えば、下記は2017/12/11の1時間足のモナココインのチャートです。

モナココインのチャート

インディケーター(Indicator)は、ボリンジャーバンド(BOLL)とRSIを表示しました。

 

RSIは70を越えると、買われすぎを意味します。

つまり反落しやすい。

 

また、ボリンジャーバンドは、下の線-2σ(シグマ)〜上の線+2σの間に入る確率は、確率統計の計算で95%と言われています。これを大きく越えているのが何本も連続しているので、このあと反落するかも。。

 

こんな予想が立てることができます。

これは知っているかの差なので、使用するととても便利です。

 

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-草コイン
-, ,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.