草コイン

TRON(TRX)の買い方、購入可能なおすすめ取引所

投稿日:2017年12月12日 更新日:

TRONを購入してみました。初心者の方には購入のハードルが高そうに思えたので、買い方をまとめてみました。ご参考ください。

TRON(TRX)とは?

TRON(TRX)公式ページより詳細をみる

重要な部分を日本語訳してみますと

ニュース
TRONは、ブロックチェーンと分散ストレージ技術を用いて世界的な無料のコンテンツエンターテイメントシステムを構築することを目指したブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。 このプロトコルは、各ユーザが自由にデータを公開、保存、所有することを可能にし、分散された自律的な形態で、コンテンツの配信、購読およびプッシュを決定し、デジタル資産をリリース、流通および処理することによってコンテンツクリエイターを可能にしました。 1000万人以上のユーザーを抱えるPeiwo Appは、最初のTRON互換エンターテインメントAPPになります。

 

すでに、実際にTRONを使った「Peiwo App」というアプリが稼働しているようです。

TRON(TRX)の時価総額と現在の価格

TRXの時価総額の順位は以下のとおり。どんどん上がってきています。

 

チャートを見ても、うなぎのぼりです。

TRON(TRX)の取引量

TRONの24時間の取引量は、24時間あたりで2581万ドル(約30億円)なので、結構大きな金額が動いていますね。ちゃんと売買されている通貨です。

ここを疎かにすると、買っても売れないという状況に陥ってしまいます。

矢野テック
僕は、ここまで調べて、よし買おうってなってます。

TRONが上場している取引所

クリプトカレンシーでみてみると、取引所は以下のとおりです。上位10位まで表示しましたが、もっとありました。

ただ、よーく見ると、24時間あたりの取引量に、かなりの差があります。

売買がよくされている所で買いたいです。また、当然ですが、日本の取引所はありません。

TRON(TRX)を購入するためのおすすめ取引所

海外の取引所のなかで、どこがおすすめなのかを、実際に買ってみてレビューします。

私が使ってみた感想では、以下の取引所がおすすめです。

Binance(バイナンス)

Binance バイナンス

海外の取引所のなかで、唯一?の日本語対応です(ただし、スマホからみると英語)。日本語は、パソコンでの時のみですが、日本語で対応しているというだけで、心強いです。問題なく普通に使えています。

また、本人確認書類の提出が不要です。日本の口座のように1週間待たされる事はありません。アカウント登録後、すぐに使うことができます。これはトレードチャンスを逃さないためにも非常に大きいです。

TRONの売買出来高も世界で2位なので、売買で困ることはありません。

Binanceの登録方法

Binanceの登録方法については下記記事にて、図解でまとめました。海外の取引所への登録で不安な方も、この通りに行えばどなたでも出来ると思います。

Binance バイナンス
Binance(バイナンス)の登録方法と使い方、アフィリエイト方法

バイナンスの登録方法について図解マニュアルを作成してみました。 海外の取引所ではありますが、唯一?といってもよい日本語対応です。 この記事の目次1 Binanceについて2 Binanceの登録手順2.1 「登録を」クリック2.1.1 Binanceをスマホから登録したい場合2.2 メールアドレス&パスワードを入力して登録2.2.1 登録時に使用するメールアドレスについて2.2.2 パスワードの注...

続きを読む

続きを見る

 

TRON(TRX)を買う前にBinanceのウォレットへBTCを送金する

BinanceのウォレットにBTCかETHを送金しておく

Binanceの仮想通貨は、日本円では買えませんBTC建て、もしくはETH建てで他の通貨を買う形になります。

おすすめはBTC建てでの購入です。ETH建てでも購入可能ですが、Binanceでの出来高が圧倒的にBTCの方が上です。

 

国内の取引所からBinanceのウォレットへ送金しておく必要があります。

ウォレットの入金方法は、メニュー右上より「資産」⇒「預金の引き出し」を選択します。

 

預金」ボタンを押すと、BTCのウォレットのアドレスが表示しますので、これをコピーして国内のBTCウォレットから送って下さい。

 

BinanceでのTRON(TRX)の購入方法

取引センターよりトレード

それでは実際にTRONをBinanceで買ってみます。Binance登録済みの前提でお話をすすめていきますね。

Binanceにログインしたら、取引センターから行います。スタンダードとアドバンス2つから選べますが、細かいチャートが使えるか否かの違いです。

自分は、テクニカルチャートが使えるアドバンスモードが好きなので、「アドバンス」を使っています。

国内の取引所にはない、テクニカルチャートが使えるのでとても便利なんです。

通貨ペアでTRXを選ぶ

購入は、購入で使用する通貨(ここではBTC)を選択し、市場の欄から、TRXを選びます。

 

あとは数量と値段(指値可能)を入力して、「購入」ボタンを押してください。

これで完了です。

テクニカルチャートを使いこなそう

Binanceの魅力はテクニカルチャートが最初から使える事です。

テクニカルチャートが、よく分からない方は、FXの書籍を1冊読んで頂くことをおすすめします。

 

例えば、下記は2017/12/12の1時間足のTRX/BTCのチャートです。

インディケーター(Indicator)は、ボリンジャーバンド(BOLL)とCCIを表示しています。

ボリンジャーバンドは、下の線-2σ(シグマ)〜上の線+2σの間に入る確率=95%と言われています。

これを大きく越えているのが何本も連続しているので、このあと反落する可能性を示唆しています。

 

また、CCIは買われすぎ、売られすぎが分かる、先物取り引きでよく使われている指数です。

200を超えたら売りサインです。

 

つまり、この時点では、2つのテクニカルチャートから、この後、反落するかもしれない可能性が高いのがわかります。

今、買い時じゃないというのが分かります。

 

TRONは国内の取引所でも売買される可能性も?買うなら今!

TRONは日本の取引所での上場も間近か?。

上場すれば、間違いなく価格は上がるので、買える時に買っておくことをおすすめします。

 

 

TRONをBinance(バイナンス)で購入してみる

Binance バイナンス

Google Adsence レクタングル大

Google Adsence レクタングル大

-草コイン
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.