リップル(XRP)は上がる理由がいっぱい!将来性大(公式も仕掛ける価格上昇の戦略)

2017年末。日々、リップルの話題が絶えません。

ちょっとまとめてみました。

リップルは他の通貨と違って中央集権体制

リップルは管理者がいます。Ripple, Inc.はアメリカのカリフォルニア州に本拠を置く企業です。

仮想通貨は管理者がいない自由な通貨というのが売りですが、リップルは違います。

通貨を買うというよりは、リップルという株を買うイメージの方がつよいかもしれません。

 

企業の通貨だから動きも早い

リップル社自身が保持する600億XRPをロックアップするという発表をしました。これによって、価格の下落が下げれれて、価値が保たれるようになりました。

詳細は、前にロックアップの記事を書いたので、そちらをご覧ください。

[st-card id=801]

企業ゆえに提携で拡大

リップルは企業です。世界各国の大手企業と提携をしまくってます。

Ripple
 
Ripple - One Frictionless Experience To Send Money Globally | Ripple
https://ripple.com/jp/
Ripple connects banks, payment providers, digital asset exchanges and corporates via RippleNet to provide one frictionless experience to send money globally

 

とくに力を入れているのが、日本のSBIホールディングスです。

[st-card id=955]

 

この内外為替一元化コンソーシアムがやばいです。リップルの技術を使って、国内の銀行と海外の銀行の送金を迅速にして、送金手数料を大幅に減らすというしくみが、すでにテスト段階に入りました。

 

ちょっと前にニュースでテストの内容が発表され、衝撃をうけました。

もう間近って感じです。

 

このツイートで150円突破

さらにどんどん仕掛けてきます。

2017/12/22の公式からのこのツイートで価格は大幅に上昇しました。

 

これだけ他の通貨との差があるんだよって、目で分かるような比較ツールで見せてます。

 

市場はすぐに反応しました。一時150円をオーバーするほど。

 

すごいです。

アメリカだから、やり方もエグいです。どんどん、プラスになる材料を提供してきました。

 

公式でこれをしたら、そりゃ価格上昇するよね。

これが管理者がいる力かと見せつけられました。

 

[st-kaiwa1]内外為替一元化コンソーシアムも、実現までもう少しかかりそうだから、まだまだ上がりますね。[/st-kaiwa1]

 

リップルの購入でおすすめの取引所

コインチェックがあんな事(盗難事件)が起きたので、XRPを売買できる取引所が貴重になりました。

おすすめは、ビットバンクです。

ビットバンク

ここは、コールドウォレット&マルチシグ対応がしっかりしているので安全です。まだ登録していない方は登録しておきましょう。

登録方法は下記記事に図解でまとめました。ご参考ください。

[st-card id=2197]

 

コメント