リップル(XRP)

リップル(XRP)は上がる理由がいっぱい!将来性大(公式も仕掛ける価格上昇の戦略)

投稿日:

2017年末。日々、リップルの話題が絶えません。

ちょっとまとめてみました。

リップルは他の通貨と違って中央集権体制

リップルは管理者がいます。Ripple, Inc.はアメリカのカリフォルニア州に本拠を置く企業です。

仮想通貨は管理者がいない自由な通貨というのが売りですが、リップルは違います。

通貨を買うというよりは、リップルという株を買うイメージの方がつよいかもしれません。

 

企業の通貨だから動きも早い

リップル社自身が保持する600億XRPをロックアップするという発表をしました。これによって、価格の下落が下げれれて、価値が保たれるようになりました。

詳細は、前にロックアップの記事を書いたので、そちらをご覧ください。

リップル(XRP)ロックアップ実施での売買攻防・・僕は売り時を逃す・・

兼ねてより通達がされていたリップル(XRP)のロックアップ。ついに実施されました。 この記事の目次1 ロックアップとは?2 ロックアップでどうなったか?当日のレート2.1 XRPの価格上昇!2.2 すぐに下げ相場へ2.2.1 ここで・・RSIとは3 ビットコイン200万突破とXRPロックアップが同時におこり取引所が落ちる4 結果は元に戻った5 教訓:売買ルールは決めておくべき ロックアップとは? ...

続きを読む

続きを見る

企業ゆえに提携で拡大

リップルは企業です。世界各国の大手企業と提携をしまくってます。

 

とくに力を入れているのが、日本のSBIホールディングスです。

RCクラウド
リップル(XRP)今後の将来性はSBIグループが開発をすすめる「内外為替一元化コンソーシアム」が鍵

2017/12/13 6:00頃、リップルの価格が急上昇しました。その辺りの状況と、リップルの今後や将来性についてちょっと記事にまとめてみました。 この記事の目次1 リップル価格上昇の理由は日経新聞の新聞から2 リップルは午前中から価格は爆上げ!2.1 リップル価格上昇でSBIホールディングスCEO北尾さんもTwitterでこのコメント3 内外為替一元化コンソーシアムとは?3.1 RCクラウドを使...

続きを読む

続きを見る

 

この内外為替一元化コンソーシアムがやばいです。リップルの技術を使って、国内の銀行と海外の銀行の送金を迅速にして、送金手数料を大幅に減らすというしくみが、すでにテスト段階に入りました。

 

ちょっと前にニュースでテストの内容が発表され、衝撃をうけました。

もう間近って感じです。

 

このツイートで150円突破

さらにどんどん仕掛けてきます。

2017/12/22の公式からのこのツイートで価格は大幅に上昇しました。

 

これだけ他の通貨との差があるんだよって、目で分かるような比較ツールで見せてます。

 

市場はすぐに反応しました。一時150円をオーバーするほど。

 

すごいです。

アメリカだから、やり方もエグいです。どんどん、プラスになる材料を提供してきました。

 

公式でこれをしたら、そりゃ価格上昇するよね。

これが管理者がいる力かと見せつけられました。

 

矢野テック
内外為替一元化コンソーシアムも、実現までもう少しかかりそうだから、まだまだ上がりますね。

 

Google Adsence レクタングル大

Google Adsence レクタングル大

-リップル(XRP)
-

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.