ビットコインFXで100MAのブレイク狙いは使えるのか?実施してみた

抵抗線(移動平均線)のブレイク狙いは、昔からある古典的なやり方です。25本、75本、100本などをみることが多いですが、使えるのか実際にやってみました。100本MAのブレイクが一番信頼度が高いですね。

時間軸は1分足

時間軸は1分足。1分での移動平均線は、本数が大きくなるにつれて、大きな抵抗線になりサポートラインになります。5分足でも使えますが、1分のほうがわかりやすい感じです。

100本SMA(単純移動平均線)がベストか

25本とか色々、ブレイクポイントはあると思いますが、100本が一番信頼度も高く、ブレイクしたときに大きな利益になりやすい気がします。

エントリータイミング

エントリータイミングは、ローソク足の実体が100SMAが抜けきって、2本目が戻りなく上昇したときがベストかな。

トレンドの転換のポイント

下記のチャートは、下落トレンドから上昇トレンドへの転換。こんな感じで、はっきりとトレンドが出たあとの転換が利益でやすい気がします。

100MA付近でゴチャついてる時は難しい

ブレイクせずに、以下のチャートのように、100MA付近でウロウロ上下しまくってるときは見送った方がよいと思います。下図は結果的にブレイクしてますが、反転することも多いです。

損切りポイント

ブレイクしてからエントリーして、安値をつけた時が一つの山場です。僕は、ノミ心臓なので、この時点で一旦利益確定することが多いです。

 

この後、安値更新せずに反転し、大口によって100MAを強引に抜き返されてしまいました。

 

矢野テック
矢野テック

稀ではありますが、こういうケースもあるので、エントリー後どこまで引っ張るかがポイントになりますね。

 

実践結果

実践した結果は以下のとおり。BNBでやってみました。BTCよりは騙しが少ない気がします。トレードしやすかった。

 

 

コメント