マイニング

TokenPay(トークンペイ)のPOSマイニング方法

投稿日:2018年3月11日 更新日:

TokenPay(トークンペイ)のPOSマイニングが出来る事がわかったので、実際にやってみました。

過程を図解で説明してみます。

TokenPay

TokenPay(トークンペイ)とは?

決済系の仮想通貨。

この記事を書いている段階ではICOが終わったばかりで、まだ取引所での売買は行われていない??(と思う・・)。

現状、まだ新規では買えないのかな?。この辺りも情報入り次第、記事を修正します。

TokenPayはPOSマイニング出来る

TokenPayは、POSに対応しています。

POSとは?

POSとはプルーフオブステーク略。保有TPAYの枚数に応じて、マイニング報酬がもらえます。

POWと違ってパソコンのパワーを使わないのが特長です。

TokenPayのPOS手順

手順は以下のとおり

  1. 公式サイトよりデスクトップウォレットをダウンロード
  2. デスクトップウォレットにTokenPayを入金する
  3. ウォレットの暗号化を行う
  4. ウォレットのアンロックを行う
  5. 熟成

1.TokenPayデスクトップウォレットのダウンロード

公式サイトからダウンロードします。

 

2.ウォレットへ入金する

ICOに参加した方

1番、2番は、ICOに参加したは全員、手順を踏んで受け取ってるはずです。ICOに参加したのに受け取っていない方は下記記事をご参考ください。

TokenPay(トークンペイ)のICO終了後の受け取り方

TokenPay(トークンペイ)のICOが終了してからしばらく立ちますが、すっかり忘れてました。 Twitterで受け取ったっていうツイートを見て、初めて気付きました。 メールで届いてたんですね。受取方法は簡単なのですが、全て英語だったので、たぶん分からない方もいると思ったので、図解で記事にまとめてみました。ご参考ください。 この記事の目次1 ICO中に買った方はメールが届いている1.1 メールに...

続きを読む

続きを見る

TokenPayの購入方法

どこの取引所に上場するのか、僕が、ちょっと分かっていません。

まだ上場していないはずなんですが、もし知っている方がいらっしゃったら、ぜひコメントください。

 

3.ウォレットの暗号化

左サイドバーより

Backup」⇒「Encrypt Wallet」を選択する。

 

パスワード入力画面になるので、10文字以上で設定して「OK」を押してください。

矢野テック
パスワードは必ずメモしてくださいパスワードを忘れると出金できなくなります。 忘れたけど、どうしましょうって質問コメント頂いても無理になるので、必ず自分で分かるパスワードにしておいてください。

 

OKを押すと以下の内容が表示されるので、「YES」をクリックします。

 

続いて以下のメッセージが表示されます。

「OK」を押すと、一旦、強制的にデスクトップウォレットは終了します。

再度、TokenPayのデスクトップウォレットを立ち上げてください。

 

4.ウォレットのアンロック

続いて、アンロックを行います。

アンロックしないと、マイニングは行われません。

 

左サイドバーより

Backup」⇒「Unlock Wallet」を選択。

 

パスワードは暗号化の際に設定したパスワードです。

賭けるのみ」にチェックが入っている事を確認して、「OK」を押します。

 

アンロックすると、右上の鍵マークがオレンジになります。他の通貨のデスクトップウォレットのように、鍵が外れるマークにはなりません。オレンジになるだけです。

マウスのカーソルを当てると

Wallet is encrypted and currency unlocked for staking only

となっていればOKです。

ここで、鍵マークをクリックすると、再びロックされるので注意!(再度アンロックが必要)

 

矢野テック
あとは、パソコンをつけっぱなしにして、放置するだけです。

スリープに入るとPOS出来ないので注意。パソコンが稼働している事が条件です。

 

5.熟成

TokenPayにかぎったことではないのですが、POSは、すぐには始まらず熟成が必要です。

最初は、デスクトップウォレット右上の鍵マーク横のGみたいなマークが灰色で、まだ熟していないとメッセージが出ます。

 

約半日すぎると、以下のようになります。

weight(重さ)で判定されて、マイニング報酬獲得までの日数のカウントダウンが進みます。

デスクトップウォレットに入れているTokenPayの枚数と、POSしている日数に応じて、カウントダウンがすすみます。

 

日数は、あくまでも目安です。すごい日数が出ていても、時間毎に、じゃんじゃん進みます。

1日くらいで、適した日数に落ち着きます。

 

矢野テック
1343枚で4日と表示しました。

数値の目安になれば。

 

TokenPayのPOS実践結果

結局、4日と表示されていましたが、実際にステークしたのは7日後でした。

矢野テック
1304枚で、1.93枚

微妙~・・・・

って思ったんだけど

最初のステークまでは時間がかかりましたが、2度目以降は、ポンポン発生しました。

一度の枚数は1343枚で1.9枚ほど。保有枚数の0.1%弱ずつもらえている感じです。

少ないけど、頻度は多めのようです。

 

ただ、この後、ステークまでの目安時間が2日に伸びたので、必ずしも一日に何度も受け取れるっていうわけではなさそう。

矢野テック
もらえる頻度がどのくらいなのかは、まだよく分かっていないので、データが集まったら追記します。

 

無料メール講座

1ヶ月で仮想通貨のノウハウが無料で読める

タップして読んでみる

-マイニング
-,

Copyright© 仮想通貨投資ブログ , 2018 All Rights Reserved.