ビットコイン、朝と夕方の順張りトレンド

最近は、ビットコインのトレードは回数を絞って行っています。ビットコインは、朝と夕方の決まった時間にトレンドが、ほぼ必ず発生するのですが、それを狙ってます。

ある程度、ルールも決まって利益も出てきたので、記事にまとめてみます。

7時、8時、16時は前後15分からトレンド発生しやすい

朝は2回、夕方1回は綺麗なトレンドが発生しやすいです。発生している流れでエントリーしておけば、その波に乗れます。

6時45分〜7時15分の間

7時ちょうどで発生することもあるのですが、だいたい前後15分ずれます。

下記は、2020/12/14の朝。7時15分から下落トレンド発生。1分足で見てみるとよくわかります。

翌日の15日は6時48分から発生。そして、7時15分くらいにも発生。

7時45分〜8時15分の間

2020/12/14 8時6分に発生。水色の線が、5分足の240本の移動平均線です。こういった、抵抗線があると、1分足だと攻防がよくわかります。確実にもみ合うので、陰線が発生したらすぐに利確しています。

 

翌日15日の朝の7時58分に発生。ボリンジャーバンド+3σにタッチして、反転して陰線つけたので、そこで利確しました。短いと、トレンドは2本くらいしか発生しません。今回は、再度トレンドが発生しましたが、こういう形は稀。反転して、そのまま暴落ということもよくあります。

矢野テック
矢野テック

発生しないこともありますが、だいたい朝はほぼ毎日発生しています。

9時台からはダマシが多発なので注意

書籍などでは、東京市場が開く9時からがトレンド発生タイムと書かれているものもありますが、実際は少し違うかなという感触です。むしろ、9時台からは危ない。

トレンド発生したと思って、一緒に順張りでエントリーしても、次の足で反転という現象が多発しやすいという実感です。

15時45分〜16時15分の間

夕方は、ロンドン市場の開始に併せて動く感じです。冬時間も関係なく同じ時間です。

2020/12/13。どこまで引っ張るかが難しいのですが、夕方のトレンドは、結構長いトレンドが発生しやすいです。

2020/12/14 15時50分頃発生。水色の上位の移動平均線(5分足240本)にタッチしたので、そこで利確。案の上、それ以上に下落しました。

エントリーポイントと利益確定ポイント

利益確定は1分足でみて、もって2〜3本です。それ以上引っ張ると危ないです。とくに、上位足の移動平均線に触れて、たとえ越しても、次の足でそれ以上の戻りがある場合があります。

以下の記事にまとめたので、ご参考ください。

【MT4】ビットコインBTCの1分足で3本の移動平均線使った順張りサイン検知インジケータを作ってみた
MT4でのビットコインの1分足でのサイン検知インジケータを作ってみました。最近はFIATばかり触ってましたが、直近のボラティリティの高さで、ビットコインに再度参入。やっぱり面白いね。 トレード理論 理論としては、3本の移動平均線が並んで、ヒストグラム転換の時。基本は順張り。1分足で見て下げトレンドだったらショート。順張りなので、下げ局面で反転してもロングはしない。 何度かやっ...

 

コメント